練習

ピアノあれこれ

ピアノの練習・練習時間はどれくらい

スポーツ等では中でもいわれることところが、長時間練習することがイコール上達への近道、というわけではありません。 根性論、精神論が前面に出ていた昔の日本ではそんな考えが普及しており、今も人によっては質より量、練習あるのみと指導する人もいるかも...
ピアノあれこれ

ピアノの練習・フォームを正しく覚えよう

準備をしっかりと整えてピアノの練習を始めるにあたり、ひとつ心がけたいのが「フォーム」です。 つまりは、ピアノを弾くときの姿勢ですね。 これに関しては、講師の方がしっかりと教えてくれるでしょうが、姿勢というものはずいぶん矯正出来るものではあり...
ピアノあれこれ

ピアノがある環境

音楽がスキな人にとって、ピアノという楽器は一種の憧れです。 ピアノの容易い音色は、万人の心に繋がる。 そのため、ピアニストを目指し示す人は世界中にたくさんいます。 中でも近年それでは、ピアニストを主人公とした「のだめカンタービレ」というマン...
ピアノ 楽譜

♯や♭

楽譜に♯や♭があると、それだけで苦手意識を持つ人がいます。 ♭が1個か2個くらいならともかく、3個や4個もついているともう難しいと敬遠する人が多いです。 ピアノの初級の楽譜では、ほとんどの曲は♭や♯は3つ以内になっています。 ただし実際には...
ピアノ 楽譜

バーナム

ある程度楽譜の見方、ピアノの鍵盤の弾き方に慣れてきたら、実際の楽譜を使って楽譜に慣れていきたいと思います。 初心者が最初に実力試しするのにお進めの楽譜が「バーナム」です。 「バーナム」は初心者の練習曲です。 バーナムシリーズの楽譜は、厚すぎ...
ピアノ 楽譜

読譜スピード

指でピアノの鍵盤を見つけ出せるようになると楽譜をよむのがグンと素早くなります。 でも音符が1個ずつ楽譜に並んでいるものと、1本の線にたくさんの音符がついている楽譜を見れば、誰もが1個ずつついている方が読みやすいと応えると思います。 たとえば...
ピアノ 楽譜

ピアノの練習2

ピアノのレッスンを受け始めたころに教わることは「音符の読み方」だったと思います。 ただし多くの人が楽譜にある音符を見て「ドレミ」から数えて音符を読み、その後もよく音符が読めないまま曲の練習が進んで言うと思います。 練習では手元を見ずに楽譜を...
ピアノ 楽譜

ピアノの練習

ピアノを弾いている人の中には楽譜から音符を受けとることが精いっぱいで、楽譜からリズムを読みとることができずにカンでごまかしている人も多いと思います。 あるいは先生が弾いたお手本を覚えておいて思い起こしながら弾いていたという人もいると思います...
ピアノ 楽譜

リズムその3

一般的にピアノを習ってきた人の多くは、楽譜を見ながらリズムを取るとき「1拍、2拍」と数えるか「1トゥ、2トゥ」と数えると思います。 但しこれそれでは単純な楽譜ならば見て直ちにリズムを作ることができますが、音符がたくさん登場するとすぐにはリズ...
タイトルとURLをコピーしました