楽譜

ピアノあれこれ

ピアノがある環境

音楽がスキな人にとって、ピアノという楽器は一種の憧れです。 ピアノの容易い音色は、万人の心に繋がる。 そのため、ピアニストを目指し示す人は世界中にたくさんいます。 中でも近年それでは、ピアニストを主人公とした「のだめカンタービレ」というマン...
ピアノ 楽譜

上達するための選曲

ピアノ初心者の人は、教則本とも呼べる「バイエル」だけに固執諦めることが大切です。 以前はバイエルが初心者の定番として積極的に使われていました。 但し欠点が多いという理由や他にもいい教材がたくさん出てきたことで現在では選べることが少なくなって...
ピアノ 楽譜

曲の難易度の味方

楽譜を選ぶときに気になるのが、曲の難易度です。 楽譜の難易度を解るには楽譜出版社が出している楽譜の難易度表を見て判断する人も多いと思います。 だがこの難易度表では参考にならないと感じている人も多いと思います。 ピアノ教室などでは、先生が次の...
ピアノ 楽譜

近代フランス版の選び方

近年多くの出版社から近代フランスのピアノ曲の楽譜が出てきたので選択の幅がひろがりました。 近代フランスのピアノと言えば、ドビュッシーとかラヴェルなどが代表的な作曲家です。 ピアノの指使いやペダルの使い方が古典やロマン派とは違っていて原典版や...
ピアノ 楽譜

ピアノ教材の選び方2

このように楽譜には様々なものがあり、選択の幅がいとも広くなっています。 ピアノでは、選択肢の第一として「原典版」あるいは原典版を元にして書かれた校訂版の「原典版+校訂版」となっています。 つまり作曲者本人が書いたクレッシェンドなのか、校訂者...
ピアノ 楽譜

ピアノ教材の選び方

ピアノの楽譜コーナーにはおんなじ曲でもたくさんの楽譜が並んでいてどれにしたらいいのか躊躇う人も多いと思います。 趣味でピアノをしている人も、専門的にピアノをしている人も、ピアノをする上で「楽譜選び」というのは思い切り大切なことです。 楽譜を...
ピアノ 楽譜

おすすめの楽譜3

9つ目のおすすめの楽譜は「標準バイエルピアノ教則本」です。 ピアノの練習用楽譜の定番で一番最初に生きるのが「バイエル」です。 ピアノの練習用楽譜の一般的な流れは「バイエル」「ハノン」「ソナチネ」「インヴェンション」「ツェルニー30番」と言わ...
ピアノ 楽譜

おすすめの楽譜2

7つ目のおすすめの楽譜は「ハノンピアノ教本」です。 大しておもしろみはありませんが、指の強化練習を望む人用におすすめなのがこの練習曲集です。 12音階の練習やオクターブやトリルの練習などピアノを弾くときに必要な練習が出来る本です。 この本を...
ピアノ 楽譜

おすすめの楽譜

お勧めの楽譜5つ目は「全音ピアノライブラリー」の「ソナチネアルバム(1)」です。 楽譜は132ページです。 ページ数を抑えようと紙面に詰め込んである感があり、音符が小さめなので幾らか読みづらい楽譜です。 ソナチネの案外簡単な1番から10番に...
ピアノ 楽譜

初心者におすすめの楽譜2

3つ目は「バーナムピアノテクニック1」です。 ピアノの楽譜の中けれども初心者にお勧めの楽譜です。 一曲が短くて、すべての曲に題名がついています。 題名にちなんだ挿絵も入っているので子供たちでも曲のイメージがわきやすいように工夫されています。...
タイトルとURLをコピーしました