ピアノ 楽譜

ピアノ 楽譜

練習量

ピアノで弾きたい曲を練習してどれくらいではじけるようにのぼるものなのかその目安を見ていきます。 弾きたい曲のランクが激しくなればなるほど流石必要なピアノの練習量も増えていきます。 練習量の目安としては、初級ランクの楽譜で1時間の練習、中級ラ...
ピアノ 楽譜

♯や♭その2

今度は♯がピアノの鍵盤上でどのように黒鍵に変換するか見ていきます。 ♯も♭と同じく楽譜上にいくつの♯があるかによって変わってきます。 ♯が1個ならば「ファ」、♯が2個ならば「ファ」「ド」、♯が3個ならば「ファ」「ド」「ソ」、♯が4個ならば「...
ピアノ 楽譜

♯や♭

楽譜に♯や♭があると、それだけで苦手意識を持つ人がいます。 ♭が1個か2個くらいならともかく、3個や4個もついているともう難しいと敬遠する人が多いです。 ピアノの初級の楽譜では、ほとんどの曲は♭や♯は3つ以内になっています。 ただし実際には...
ピアノ 楽譜

楽譜を見るポイント

楽譜を探るとき何を見ているかと言うよりもどうして見分けるかがポイントとなります。 目の前にある楽譜が同じだとしても、弱点から攻めて行こうと視点を変えてみると、楽譜に感じ取る難易度が変わってきます。 楽譜を見分けるときは、最初におんなじ部分が...
ピアノ 楽譜

初見をミスしたときの対処

楽譜の初見をして、ピアノを弾いていてミスした場合どうすればいいのでしょうか。 多くの人が、ミスした部分だけを後から練習してできるようにしたと答えています。 但し初見の場合、ミスしたときの対処法は違うのです。 初見ができない場合はそれでいいの...
ピアノ 楽譜

バーナム

ある程度楽譜の見方、ピアノの鍵盤の弾き方に慣れてきたら、実際の楽譜を使って楽譜に慣れていきたいと思います。 初心者が最初に実力試しするのにお進めの楽譜が「バーナム」です。 「バーナム」は初心者の練習曲です。 バーナムシリーズの楽譜は、厚すぎ...
ピアノ 楽譜

読譜スピード

指でピアノの鍵盤を見つけ出せるようになると楽譜をよむのがグンと素早くなります。 でも音符が1個ずつ楽譜に並んでいるものと、1本の線にたくさんの音符がついている楽譜を見れば、誰もが1個ずつついている方が読みやすいと応えると思います。 たとえば...
ピアノ 楽譜

ピアノの練習2

ピアノのレッスンを受け始めたころに教わることは「音符の読み方」だったと思います。 ただし多くの人が楽譜にある音符を見て「ドレミ」から数えて音符を読み、その後もよく音符が読めないまま曲の練習が進んで言うと思います。 練習では手元を見ずに楽譜を...
ピアノ 楽譜

ピアノの練習

ピアノを弾いている人の中には楽譜から音符を受けとることが精いっぱいで、楽譜からリズムを読みとることができずにカンでごまかしている人も多いと思います。 あるいは先生が弾いたお手本を覚えておいて思い起こしながら弾いていたという人もいると思います...
ピアノ 楽譜

リズムその3

一般的にピアノを習ってきた人の多くは、楽譜を見ながらリズムを取るとき「1拍、2拍」と数えるか「1トゥ、2トゥ」と数えると思います。 但しこれそれでは単純な楽譜ならば見て直ちにリズムを作ることができますが、音符がたくさん登場するとすぐにはリズ...
タイトルとURLをコピーしました