引っ越しの荷作り3

引っ越しの荷作り3

引っ越しの荷作りについてご紹介してみましょう。

 

 

【暖房器具・灯油】
ストーブやヒーター等、灯油を使う暖房器具を持ち出す際、灯油が中に入っていると運んでいる最中に灯油が漏れて仕舞う可能性が有ります。

 

少量だから大丈夫とは思わずに、全部抜いてタンクを空にした状態で運ぶ様にください。

 

 

また、使っていない暖房器具もタンクが空かどうにか確認をしてから運ぶ様にください。

 

 

次に灯油ですが通常は赤いポリタンクの中に入れてあると思います。
但ししっかり閉めていても運んでいるとどうも漏れてきやすいです。
ですから、蓋を閉めて蓋にタオルかなんか巻き付け、ゴムで止めて、タンクごとビニール袋に入れてから運ぶ様にください。

 

 

また、引火する可能性があるもの、たとえばシンナー等は引っ越し業者まずは運んでくれない場合が多いですので、事前に確認しておく必要が有ります。

 

 

【電化製品】
電化製品の梱包は何かと大変です。

 

たとえば冷蔵庫ですが、中身の食品類は全て省き、必要なものは段ボールに入れる。
不要なものは断ち切ると整理しましょう。
その作業を前日までにやり、冷蔵庫の電源を抜いた状態、扉を開けた状態にください。

 

 

電子レンジですが、中にある回転板がガラス製の場合が有ります。
この時は回転板を取り出して別で梱包を通じておきましょう。

 

 

テレビは引っ越し業者の方が梱包を通じて貰えるが、配線まで流行りませんので配線を外してまとめておく様にください。
引き抜く前にどこに繋いでいた配線か聞き取れる様に印を付けておくと便利です。

 

 

 

引っ越しの荷作り4

引っ越し時折てきぱきと効率よく荷作りしたいですよね。
なので荷作りの仕方について説明してみます。

 

 

【照明】
照明は購入した時に入っていた箱に有れば戻してあげるのが一番です。
但し、すでに弱い場合が多いと思いますので電球と傘がぶつかって割れない様に別で梱包ください。

 

 

【鉢植え・植木】
鉢に水を加えすぎている状態だと運んでいるたまに水が漏れてしまいますので、引っ越しが近くなったら水は少なめに吊り上げる様にください。
その状態で段ボールに入れて口を開けた状態で運びます。
段ボールにまとめる際には、隙間を開けないように詰めて入れましょう。
これは段ボールの中で鉢が倒れない様にする為です。

 

 

高い鉢を持って行く場合には、引っ越し業者の方に相談してみましょう。

 

 

【仏壇・神棚】
仏壇や神棚は中に有るものは全て別で梱包をします。

 

最も線香を整える壺などは、中にある灰が散乱とめる様にビニール袋に入れて、口をしっかりと閉めておきましょう。

 

 

【パソコン】
パソコンはとてもデリケートです。
運ぶのも不安な事でしょう。
万が一壊れてしまう可能性も有りますので引っ越し前にデータをバックアップしておいた方が安心です。
運ぶ際には買った時の箱に発泡スチロールに包んで混ぜるのがベストですが、弱い場合には毛布につつむなどして衝撃が加わらない様にしてあげる事が大切です。

 

引っ越し業者によってはパソコン専用の箱もありますので、思い付か場合には相談してください。

 

 

 

引っ越しの荷作り2

引っ越しでは荷作りが重要な鍵となります。
そこでここでは寝室の荷作りについてご紹介してみましょう。

 

 

【寝具】
布団はかさばるし重たいです。
掛け布団と敷き布団を1組とし、2組位をまとめて大きめの布団収納ケースに入れるか、幅広い風呂敷を使うと良いでしょう。
布団は軟らかいので中に何か入ってたら危ないですので、ガラスや尖ったもの等は一緒に梱包取り止める様にください。

 

 

【ベッド】
ベッドは解体が出来るのであれば解体して持ち運ぶのがベストです。
引っ越した後も、他の荷物で占領されない内に組み立ててしまいましょう。
その為には、解体時に見つかるネジ類をさっさと取り出せる所に閉まっておく事が大切となります。
因みに、ウォーターベッドはそのままでは運びだしにくいです。
水を抜いても大丈夫かどうか、取り扱い説明書を見るか、購入店へ問いかけましょう。

 

 

また、どうして良いか思い付か時は引っ越し業者に頼んでみるのも良いと思います。

 

 

【鏡台】
鏡台やドレッサーにはコスメティック類がたくさん入っていると思います。
先ずはコスメティック類が割れない様にものを全てだして包んでから別の箱に入れます。

 

 

鏡部分は取り外し可能なものが多いため、取り外すか、鏡の部分に先ずは段ボールを貼りつけ、その上から布をかぶせて、紐でぐるぐる巻きにしておく等して割れない様に梱包ください。

 

 

どの場合も同じですが、梱包が自分で難しければ引っ越し業者に相談してみましょう。
多分できると思いますよ。

ピアノ買取一括査定の体験談