引っ越し日当日の行動

引っ越し日当日の行動

引っ越し日当日はあまりにバタバタしてきてしまいます。
一番大切なのは引っ越しを通してくれる業者と協力して進めて行く事です。

 

 

引っ越し先でばたばた終わる様に、新居での家具の配置場所、新旧の段ボールの置き場所等を事前に紙などに書いて渡しておくとスムーズにいくのではないかと思います。
また、この時割れもの等注意してほしい事も伝えておく必要が有ります。

 

 

また、これは大前提ですが、転居先の住所は事前に教えておく事、分かる地図を書いておく事等、協力して行なう様にください。

 

 

引っ越し日当日はあまりにバタバタしてしまいますので、ご近所さんへの挨拶を忘れてしまう。
忘れない様に簡単に済ませましょう。

 

 

荷物を全て運び出したら、部屋の掃除をざっとで良いのでしましょう。
仮にゴミが出てしまって回収日ではない場合、大家さんかオーナーに頼むか、ご近所さんに願いましょう。
また、携帯していただける様ならば携帯していって転居先で捨てても捨て置くでしょう。

 

 

全て終わったら、更に家の中全体をめぐり、忘れものが無いかチェックします。

 

 

転居先に着いたら、今度は荷物を出していきます。
業者に荷物や家具を何処に置くか指示しながら、荷物に不備が無いかどうかチェックしましょう。

 

 

最後に忘れてはいけないのが、大家さんやオーナーさん、ご近所さんへの挨拶回りです。
出来れば引っ越し当日に片付けるのがベストですが、無理そうであれば2~3日以内にしておく様にください。

 

 

 

引っ越し後の行動

引っ越しも、荷物を新居に運び入れて片付けを通して、ご近所さんに挨拶回りをしたらOKという訳ではありません。

 

 

今度は色んな手続きが必要になってくる。
引っ越し前にもまず引っ越し手続きをするというのですが、それを転居先も行わなければならないのです。

 

 

ひとまず生活に肝の手続きです。
ガスや水道、電気等は転居前から手続きが可能です。
引っ越し日が決まったら各機関へ電話を通して、引っ越し手続きを終える様にください。
また、ガスはプロパンガスの場合、開栓をしなくてはなりませんので立ち会いが必要になります。
日付をあらかじめ調整しておくと良いでしょう。
どんどん固定電話もNTTに引っ越し連絡を事前にしておくと、引っ越し当日から扱う事が出来ます。

 

 

次に転居先の役所で立ち向かう各手続きについてです。
転居届や印鑑登録等は各役所で行います。
転居届は転居してきてから14日以内に手続きを済ませなくてはなりませんと有りますので、手続きは早めに片付ける様にください。

 

 

転居届が手続き済んだら住民票をいくつか準備しておきましょう。
認可を持っている方は、認可の張り替えが必要になります。
住民票を持参して警察官または運転免許センターに赴き、免許の張り替えをください。

 

 

引っ越し後は色んな手続きをしなくてはなりませんので、もとより何が必要かリストアップしておくと良いでしょう。

 

 

最後は引っ越しハガキの送付です。
初々しい住所を記載したハガキを知り合いに出して知らせておきましょう。

 

 

 

引っ越し時の手続き【子供の転校】

引っ越しをする場合で、お子さんがいる場合には学校の転校手続きが必要になります。

 

 

まず引っ越しが決まった時点で、学校の担任で構いませんので引っ越しする旨を連絡して下さい。

 

 

引っ越しの手続きは、同一市区町村内に引越す場合と他市区町村に引越す場合とでは方法が違ってきますので注意が必要です。

 

 

【同一市区町村内に転校する場合】
引っ越しが決まったら、現在通学中の学校に連絡をします。
「在学ライセンス」と「教科書給与ライセンス」が交付されます。
転居する際に役所で転居届の手続きをすると思いますが、その時に「就学通知」を発行されますので、3つの書類を持ち歩いて、指定された学校に行き全部の書類を提出すると転校がおわりになります。

 

 

【他の市区町村へ転校する場合】
同一市区町村内で転校する場合と同じで、引っ越しが決まったら、現在通学中の学校に連絡をして「在学ライセンス」「教科書給与ライセンス」を交付してもらいます。
転居する際に役所で転出届の手続きをしますので、その時に「転出ライセンス」が発行されます。
引っ越し先の役所で転入届を手続きする際に転出ライセンスを提出すると「就学通知」が交付されます。

 

初々しい転校先で、元の学校からもらった在学ライセンスと教科書給与ライセンス、役所からもらった就学通知の全てを取り出したら転校手続きのおわりになります。

 

 

これはあくまで一般例です。
地域によっては手続き方法や資料の名称がなる場合が有りますので、転校元の学校で確認をしてみましょう。

ピアノ買取一括査定の体験談