引っ越し時に出た不用品をリサイクル

引っ越し時に出た不用品をリサイクル

引っ越しをするときには荷物を整理していきますが、必ずと言って良いほど不用品は顕れるものです。

 

 

その不用品はどういるでしょうか。
全部捨ててしまってはいないでしょうか。
捨て去る前に一度見なおして見てください。
リサイクルに残せるものがあるかもしれませんよ。
引っ越しはお小遣い稼ぎのチャンスかもしれません。

 

 

たとえば読まなくなった本、雑誌、漫画、聞かなくなったCD、使わなくなったゲーム機やゲームソフト等は古本屋等専門に買い取ってくれるお店がいかにも近くにあると思いますので、持っていってリサイクルしちゃいましょう。
とにかく捨てようとしていたのですから、多少なりともお金として嬉しいですよね。

 

 

次は電化製品です。
5年以内に購入したもので問題なくはたらくものなら買い取ってもらえるケースが多いです。
後は汚れの付き具合や傷、製造会社等で買い取り値段が変わってきます。

 

 

次は取り除ける家具類ですが、古物商に十分売れます。
しかし、大型家具は買い取り不可の可能性が大きいので事前に問い合わせをしておくと良いでしょう。
また、程度や大きさによりますが、買い取り不可とされても無料で引き取ってくれる可能性も有ります。
ゴミに打ち出すより良いかもしれませんね。

 

 

最後は衣類の不用品ですが、基本的に下着はNGだと思っていてください。
ベビー服も取り扱いがあると受け付けていただける。

 

また、ブランド品はブランド品を扱っている専門店に行くと高価買い取りを通じて受け取る可能性が高いです。

 

 

この様に不用品もゴミとしないでリサイクルする事でお小遣いにもなりますし、ゴミも出さなくて済むのです。

 

 

 

引っ越し時の挨拶

賃貸での引っ越しも悩む所ですが、ついに引っ越しをする場合や、家を購入して一生そこに住む予定での引っ越しの場合、気になるのが近所付き合いではないでしょうか。

 

 

なので、考えたいのがご近所への挨拶です。

 

 

【アパート・マンションへの引っ越しときの挨拶】
アパートやマンションに引越す場合には、挨拶をするのであれば両隣と上下、大家さんが基本ではないかと思います。

 

これは、生活音や振動、騒音と言った生活に関するトラブルを円満に解決する為にも、付き合いが有った方が良いという考え方からです。
とは言っても近所付き合いが不慣れな方もいますので、見極めながらお付き合いを通じて出向く事が大切です。

 

 

また、戸数が少ないのであれば全部に挨拶しておいた方が後々トラブルを招かなくて良いと思います。

 

 

【一戸建てへの引っ越しの挨拶】
たとえば袋小路の所に引越す場合には、その一画全ての家に挨拶に行く事が大切です。

 

袋小路だと、引っ越し時もそうですが、誰かが来た場合の一時停止等他の家の前に停めてしまうケースが出てきます。
迷惑をかける可能性が有りますのでトラブル防止の為にも挨拶をしておいた方が良いでしょう。

 

 

更に道路に面している場合には、両隣2~3件とお向かいさん、その両隣位には挨拶をしておくと良いでしょう。

 

 

挨拶に行く時折ちょっとしたものを持ち歩いていくと話がしやすいかと思います。
たとえば洗剤やタオルなんかは、挨拶回りに持ち歩いて出向くものとして良いかもしれませんね。

 

 

 

新築一戸建てへの引っ越し

夢だった一戸建ての購入、そして引っ越しとなっては引っ越し業者も慎重に選びたくなりますよね。
それでも引っ越し代金は安く済ませたいとも思いますよね。

 

 

ただし、新築一戸建てともなると住む方だけではなく、業者側もかなり気を使う現場となります。
だから料金自体もそこそこ割高になるのではないかと予想されます。

 

 

仮に安さだけで選んだ場合、何か有っても仕方がないだけで済ませたくないですよね。
値段は安っぽいにこしたことは有りませんが、安さだけで選ばない様にする事も大切です。

 

 

業者によっては作業工程やサービス内容が違ってきますので、見積りの際には注意する必要が有ります。

 

 

たとえばキッチンは1階という固定概念が有りますが、今は2階にキッチンとリビングを作るというケースも増えてきています。
この場合、食器棚や冷蔵庫が階段に阻まれて搬入出来ないと言ったトラブルがたくさん出ているそうです。

 

 

こういったトラブルを事前に防ぐ為にも、引っ越し業者に家の設計図等を見せて細く打ち合わせをしておく必要が有ります。
仮に外の窓から搬入する場合、きついものですとクレーンを使わなければならないかもしれません。
すると道路事情も考慮する必要が出てきますので、事前に現地に行ける場合は確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

また、引っ越し業者によって階段が有ったり、どこまでやってくれたりするかで値段が変わってきますので、見積り時折細く打ち合わせする様にください。

ピアノ買取一括査定の体験談