引っ越しする際には掃除をしよう

引っ越しする際には掃除をしよう

引っ越しをする際、荷物を出した部屋を掃除しているでしょうか。

 

 

日本では引っ越しの際には、今までお世話になった部屋を掃除して、後からいらっしゃる方達が面白く住める様にするのが通例となっていました。

 

 

ただ、今の現状を見ていますと、荷造りをする時間もなく、業者に頼んでいるのに、引っ越し後に掃除をする余裕は無いのではないかと思います。

 

 

また、住んでいた環境にも因る所が多く、たとえば退去ときの清掃代金を請求されない所に住んでいた人は掃除をする方が多いのに対して、退去ときの清掃代金を請求わたる所に住んでいた人はあまりにも小さい所のみ掃除を通して、後は終わりにしている方が多い様です。

 

 

長年住んでいた所を退去する際には、掃除にもきっと思い入れがあると思います。
たとえば夫婦喧嘩の時に出来た壁の傷とか、子供が小さい時に作ってしまった壁の落書き等です。
そういった思い出を振り返りながら掃除するのも良いかもしれませんね。

 

 

引っ越しときの掃除の範囲には個人差が見て取れると思います。
著名と言われているのは、キッチン、バス、トイレの様な水回り。
床はバキュームクリーナーをかけて水拭き、ベランダを吐き掃除、吊り上げる方は窓拭きまでやると言った感じだと思います。

 

 

気持ちの中それではもしや清掃代金が多少なりとも返ってくるかもしれないという考えがあるかもしれませんが、更に清掃業者を入れてルームクリーニングをする所が今では一般的ですので、期待しないで飽くまでも掃除は気持ちでやると認識しておきましょう。

 

 

 

引っ越し業者に対するチップ

よく引っ越しところ疑問に思うのが、引っ越し業者に対してチップを譲り渡す必要が有るのかという事です。

 

 

海外に行くとよく耳にするチップですが、日本ではめったにやる人は少ないのではないかと思います。
但し、海外の使い方とは少し違いますが、昔から「心付け」という感じでチップを引き渡すという風習は確かにある様な感じがします。

 

 

多分ですが、チップを引っ越し業者に明け渡す必要は無いと思います。
業者は充分お金を払って働いてもらっているのですし、来ている作業人もお給料をもらっているのですから。

 

 

では何故チップを与えた方が良いのか。
という考えが出てくるのかと言うと、引っ越し業者がサービス業として運営されているからだと思います。

 

 

昔は引っ越しと言うと自分達で始めるものでした。
人手が足りないと知り合いに手伝ってもらい、お礼としてご飯をご馳走したりしたものでした。

 

 

それが今はお金さえ払えば、本人達が何も手を付けなくても新居で生活をスタート出来るという様にまでなってきています。
要するに自分の代わりに働いて買うのです。
その感謝の気持ちがチップや心付けといった形で表されていたのだと思います。

 

 

無論、引っ越し業者の作業員次第で気持ちが良い仕事をしてくれればチップを譲り渡したいというだろうし、そうじゃなければ渡したいとは思わないと思います。

 

 

チップをどうしても引き渡す必要は有りませんが、引き渡す渡さないは自分で判断しましょう。
何となく辛いからには、お茶やおにぎり等渡しても良いかもしれませんね。

 

 

 

引っ越し時に出る不用品処理

引っ越しは片付けの最大のチャンスという様に、引っ越しで荷物整理を通していると不用品がたくさん出てきますよね。

 

 

「いつか扱うかも」ととっておいても、次の引っ越しまでまた使わないなんて事もよくある事です。

 

 

ですから、片付けの時に思い切って不用品を捨ててみてはいかがでしょうか。

 

 

【盛り上がるゴミ】
盛り上がるゴミはこまめに出しておく事が大切です。
殊に心掛けなくてはならないのが冷蔵庫の中や生ゴミです。

 

冷蔵庫は引っ越しをする前日にはコンセントを抜いておかなくてはなりません。
そこで起きるのが生ゴミです。
生ゴミは業者の規則により新居に所持して出向く事は出来ません。
ですから盛り上がるゴミの日のスケジュールと相談を通して生ゴミを出さない様にまず捨てておきましょう。

 

 

【燃えないゴミ】
燃えないゴミは地域によっても違いますが、盛り上がるゴミの半分位と収集日が少ないです。
ですから、引っ越し時期とスケジュールを合わせて計画的に捨てておく必要が有ります。

 

もちろんどうしても無理という場合には引っ越し先に所持して行くのも有りですが、出来れば新居にゴミは持ちこみたくないですよね。
ですから早めに整理を通しておくようにしましょう。

 

 

【資源ゴミ】
缶やビン、ペットボトル、新聞・雑誌と言った資源ゴミは燃えないゴミよりも収集日が少ない場合が多いですので、早めに整理を通しておくようにしましょう。

 

 

【粗大ゴミ】
粗大ゴミは役所に連絡して早めに回収して買う様にください。
中にはリサイクルとれるものも有りますので用途によって使い分ける様にください。

ピアノ買取一括査定の体験談