引っ越しに良い日とは

引っ越しに良い日とは

引っ越しをするのに有難い日と言うのは有ります。

 

 

たとえば結婚式やお葬式等の冠婚葬祭時折日を見て行うよね。
本当は引っ越しも冠婚葬祭の中においているイベントとなっていますので、日を見て嬉しい日を選ばなくてはならないのです。
日を選ぶと言うのは大安だったり、仏滅だったりというのを見て決めるのです。

 

 

では、現実問題として引っ越しをする際、もの理的に引っ越し日和と言われているのは以下の通りです。

 

 

・晴天の日(梅雨時期だったり、台風時期だったり、真夏日だったりと言うのは避けた方が良いでしょう。
)
・引っ越しがスムーズにいく様に道が混まない日を願う(ゴールデンウィークや週末等道が混んでいる時は避けた方が良いでしょう。
)
・人手がいる事(引っ越しは多々大変です。
家族が休みの時や知り合いが休みの時にかけて人材確保を通じておいた方が良いでしょう。
)
・自分のスケジュールに合っている事(休暇中や仕事が忙しくない時期)

 

という様な条件が挙げられます。

 

 

上記の様なら引っ越しが出来れば実は理想だと思います。
結婚式等はとっくから日程を決めているので都合が擦り込み易いのですが、引っ越しは急にまとまる場合も多いのでおしなべて喜ばしい日ばかりを選ぶ訳にはいきません。

 

 

当然、引っ越し業者は良い日ばかり活動している訳ではありません。
雨の日や風の日といった悪天候の日それでも活動を通じています。

 

 

条件が酷いなと思ったら、安心出来る業者に頼んで、素晴らしい日にしたいものです。

 

 

 

引っ越し時の手続き【電気・ガス・水道】

引っ越しときの生活面についての手続きですが、電気やガス、水道の各引っ越し手続きが必要となってきます。
これらは生活するにあたって必要なライフラインとなりますので必ず手続きをください。

 

 

【電気】
引っ越し日が決まったら、電気の受け取りや検針票に記載されている担当電力会社の電話番号に連絡をして引っ越しする旨を伝えます。
共に引っ越し先の電力会社に電話を回して得る場合が有りますので、引っ越し日を伝えてその日から電気が使える様に手続きをします。
電話を回してくれない場合には初々しい住所を担当している電力会社に直接連絡ください。

 

引っ越しの連絡をすると、引っ越し日以降に電力会社の方がメーター確認にきて後日精算という形になります。

 

 

引っ越し先では、ブレーカーを振り上げるやいなや電気が払える様になっています。

 

 

【ガス】
引っ越し日が決まったら、ガスの受け取りや検針票に記載されている担当ガス会社の電話番号に連絡をして引っ越しする旨を伝えます。

 

引っ越し先のガス会社にも事前に引っ越し日を連絡しておく必要が有ります。
ガスはガス会社の人が立ち合った上で開栓しなくてはいけませんので、引っ越し日に来てもらう様に調整すると良いでしょう。

 

 

【水道】
引っ越し日が決まったら、水道の受け取りや検針票に記載されている担当水道局の電話番号に連絡をして引っ越しする旨を伝えます。

 

また、一気に引っ越し先の水道局にも連絡しておきます。

 

引っ越し後、水道局の人が検針に来て精算という形になります。

 

引っ越し先では、止水栓が家の外にあると思いますので、それを捻ると水が払える様になります。

 

 

 

引っ越しの荷作り1

引っ越しで何よりも一大のが荷作りです。
荷作りが巧くいかないと、作業もはかどりませんし、引っ越しそのもののやる気が失われてきます。
なので荷作りのポイントをご紹介しますので参考にしてください。

 

 

【食器棚、本棚、タンス等の棚類】
一旦中身を全部吐出しましょう。
そしたら出した中身を段ボールに梱包して詰めて行きましょう。
棚の中身は全て空にするのが基本です。

 

 

引っ越しところ棚を運び出す際、棚類は業者の方達が梱包を通じて運び出してくれますのでそのままで構いません。

 

 

我らで棚を運び出す際、引き出しが飛び出さない様に紐で縛っておくか、テープで抑える様にください。
テープは粘着力が著しいとはがすところ棚自体が剥がれて仕舞う可能性が有りますので注意が必要です。

 

 

ガラス戸が付いている場合には、危ないですので、全部取りはずし、布や毛布に包んで別に運び出しましょう。

 

 

棚板も同様で、全部棚から出して紐で縛る等一括りにください。

 

 

【本類】
本類を梱包するポイントとしては、小さめで丈夫な箱に小分けして入れて出向く様にします。
高い箱にピタリ詰め込んでしまうと、ほんの重さで底が抜けてしまう事もありますし、大きい箱に軽い様にと半分位の量を入れると、荷物を積み上げるところ箱が潰れてしまうからです。

 

 

箱が無いからと紐で括るだけにしてしまっては、重なりづらいし不安定なので荷崩れの原因になってしまいますので止めましょう。

 

 

面倒くさがらずにちゃんと荷作りする事がポイントとなります。

ピアノ買取一括査定の体験談