引っ越し費用の見積りは無料の所が多い

引っ越し費用の見積りは無料の所が多い

引っ越しをするとして、業者に引っ越し作業を依頼する場合、先ずは見積りを出してみると思います。
但し、何社も比較してみたいと考えても、見積り自体にお金が取られるとしたら考えものですよね。

 

 

引っ越し業者のサービスとして最初に「見積り」を通してくれる所が多いと思いますが、「標準引越運送約款」というものを採用している様で、見積りの段階で手付金を請求したり内金を請求したりしてはいけないという決まりになっている様です。
ですから安心して見積りを色んな引っ越し業者に頼んで比較が出来るという事になります。

 

 

もし、依頼した引っ越し業者が使っている約款が上記とは違うものだとした場合、見積り金額を請求受けるケースと言うのもある様です。
この様な場合には、見積り金額の内訳や理由等をちゃんと問い合わせておく必要があります。
正当な理由なら良いですが、万が一悪徳引っ越し業者の場合には、実際の引っ越し費用まで割高になりかねませんので、しっかりと見極めましょう。

 

 

また、見積り自体は無料なのですが、業者側もお客を確保したいが為に、うまい事を言って契約を急がせるケースも有ります。
以前使っていた業者とか、すでに他社で見積りを通してもらっていて、納得出来ているのであれば良いのですが、そうじゃないのであれば、他社も見積りをとってみて内容と金額を比較してみる事をお勧めします。

 

 

もちろん律儀な引っ越し業者であれば、お客側が他社も見積りをするのは想定内かので、急かす事はないと思います。
こう言った業者の態度も選定する基準にすると良いでしょう。

 

 

 

引っ越しの見積りを数社行う事

引っ越しの見積りは、各業者が提示しているプランや、費用を比較して納得やれる業者を探すと言うのが一般的な方法です。
ですから、見積りを受ける前から1社に限定する事はありません。
「なんか他の業者の見積りを受けたら悪賢い感じがするな」という必要も無いです。
業者側も客側が他社の見積りと比較すると言うのは承知の上です。
ですから、強引な勧誘も見積り時にしてくると言うのは通常無いものとして良いでしょう。

 

 

仮に見積りを依頼するたまに、勧誘が心配だったら、「他社も見積りをしてるんですが」と一言言っておけば良いでしょう。

 

 

見積りは出来れば1社だけでなく、少なくても3社は条件を同じくして残したいものです。
こうして全部を比較してみると、短所や長所が見えて来ますし、値段がしばらく割高でも付加サービスが充実している等、値段だけでは判断出来ない事柄が見えてきます。

 

 

では、見積りを取らないでインターネットの引っ越し業者比較サイトを見てみると良いんじゃないかと思いますが、大抵は各業者の傾向を挙げていますので、悪い所は見えないと言って良いでしょう。

 

 

また、どういう業界にも呼べる事ですが、いかに良いと言われている業者であっても、良い人もいれば悪い人もいます。
営業が凄い親切な方それでも実作業をする人が愛想が悪いという事もあるのです。
作業員の教育と言う点も見積り時に聞いておくと引っ越し当日に悔いをしなくて良いかもしれませんね。

 

 

どちらにしても、見積りは数社取って比較を通じて見る事をお勧めします。

 

 

 

引っ越し代金の内容とは

引っ越しをするとなると、複数の業者から見積りを取ると思います。
その内容を比較してみると、同じ内容や条件で見積もってもらったのに、各業者の値段には差が出てくる事が分かります。

 

 

料金に差が出てくるのには色んな理由があるのですが、大手など、広告やコマーシャルに力を入れている所は何より割高な料金設定になっている感じがします。

 

 

ただし、大手などはただ厳しいという訳では有りません。
万が一の保険内容が充実しているとか、サービス内容が充実しているとか、何やかや理由があるのです。
おしなべて大きいからと言って除外する前に内容を見てから決めても良いかもしれませんね。

 

 

たとえば一方の業者は地域密着型の業者、2トントラック1台につき作業員を4人置きました。
作業時間は1日になります。
もう一度一方は大手の業者、4トントラック1台につき作業員を6人も塗るやり方を取り出しました作業時間は半日です。
この2つの料金、後者の方が割高だったのです。
すると時間を節約するか、お金を節約するかという比較が出来る様になるのです。

 

 

この様に業者によって料金に関係するポイントがなるのです。
そのポイントをいくつか挙げてみます。

 

 

先ずは引っ越し日です。
平日か週末かでも変わってきますし、引っ越しのピークシーズンかオフシーズンかでも変わってきます。

 

 

次は作業スタッフの人数です。
多いほど金額は上がっていきます。

 

 

次はトラックの大きさです。
大きいほど金額は上がっていきます。

 

 

次は間隔です。
距離が長いと金額は上がっていきます。

 

 

次は引っ越し前後の部屋の間取りで、階段が有るとか乏しいとか、廊下が細長いとか幅広いとかで変わってきます。

ピアノ買取一括査定の体験談