引っ越し業者の選び方

引っ越し業者の選び方

引っ越しが決まったら、引っ越し業者を選ばなくてはなりません。

 

 

自分は引っ越し荷物と言っても安いし、助ける男友達もいるし、トラックも知り合いのものが使えるからそれで良いと言うのが、一番安く済ませる喜ばしい方法だと思いますが、こんな方は稀です大抵は我らで出来ないから引っ越し業者に頼んでやってもらうのです。

 

 

引っ越し業者を使う目的としては、荷物を大事に、トラブルが無いように安心して運んでもらう事に有ります。
ここで言っているトラブルと言うのは、ものが破損したり、運ぶ際に新旧の部屋に傷を置きたり、無くなってしまったりという事を指しています。

 

 

インターネット等で引っ越し業者等を調べてみると、何千件もヒットします。
この中には、大手の業者や地方のちっちゃな所、その支店も合わせた数になるのですが、それを省いたとしてもかなりの数の業者が見て取れる事が分かると思います。

 

 

この中から自分の要望に合った業者を選べれば良いのでしょうが、実際には時間が無い等の理由から大手の業者を選ぶパターンが多いのではないかと思います。

 

 

当然大手は引っ越しと言ったら自分達の所を至急思い出して貰える様にコマーシャルに力を注いでいるのだと思います。

 

 

引っ越しまでの時間に余裕が有るのなら、ちっちゃな業者も調べてみると相当充実したサービスを展開していると思いますので、検討してみても良いのではないかと思います。
コマーシャル等宣伝費用にお金をかけていないと思いますので、実際の引っ越し費用も安く済むかもしれませんよ。

 

 

 

引っ越しまでにやるべき事をリストアップしよう

引っ越しが真に決まったならば、引っ越しするまでにやらなくてはならない事というのが山程出てくると思います。

 

 

ひとつひとつやっても抜けてしまう可能性が有ります。
なので便利なのがリストアップです。

 

 

「いつまでに」「どこで」「何をする」という分類分けでリストアップしておくと便利です。
却って「電話で手続き可能」「一気にやれる事」と分類しておくと、様々な事が効率よく出来る様になります。

 

 

たとえば、わざと会社を休んで役所に行ったのに必要書類が足りなくてもういく羽目になってしまったとなると、二度手間三度手間になってしまいます。
事前に電話して必要書類が何か確認しておくと、当日一回で済むようになります。

 

 

引っ越しをするとなると、引っ越しまでの手続き、引っ越し当日、その後の手続きや生活等考える事はたくさん有ります。
時間的余裕が有ったとしても、比較的引っ越し日が近付いてくると慌ただしくなるものです。

 

 

慌ただしくなるとやっぱりやる事に漏れが出てくる様になりますので、出来れば「やる事リスト」を作っておいた方が良いでしょう。

 

 

たとえば電気やガス、水道の停止や開始に関する手続き、料金の精算、不要な家財用具の処分等、ことごとくやらなければならない事、新居先の役所の場所や近くに何があるかなど、引っ越しを通じても最低限困らないで生活望める下調べを通じておく事等何かと挙げておくと良いでしょう。

 

 

思い立った順にあれこれ全部やろうとしても必ず漏れてしまいますので、リストアップを通じて効率よく出来る様にください。

 

 

 

引っ越し費用の見積り

引っ越し自体を業者に頼む場合、先ず最初に見積もりを取る方が大多数でしょう。
見積りも色んな業者で取ると分かりますが、おんなじ荷物の量なのに業者によって料金が違っているのです。

 

 

また、おんなじ業者けれども引っ越し時期や、時間帯、日によっても料金が変わってきますので、ある程度は目安となる時期や時間帯だけでも決めておくと良いかもしれません。

 

 

一番厳しい時期と言うと、引っ越しが多い時期になります。
つまり、3月~4月の春ころ、入学や入社、転勤時期ではないでしょうか。

 

 

通常の値段が有って、ハイシーズンになると高くなると考えると、割高感が有ってふっと損をした様な感じになるのですが、業者によってはお得感を感じるようにハイシーズンの料金を標準値として、その他の時期は値段を下げてお得感を出す様な広告を通じている業者も有る様です。

 

 

また、仏滅が安くて大安は少し割高等、六曜で料金を設定している業者も有りますので、気にしないのであれば、仏滅は安く片付けるのに良いかもしれません。

 

 

あまり引っ越し費用をかけたくないからと、業者を頼まずに自分で引き上げる場合も考えると思いますが、あんまり色んな所にお金がかかりますので、きちんと計算しておいた方が良いです
荷物が少ないから自分でとして、友達を呼びすぎてしまうと、レンタカー代やお礼の飲食代、または少額のバイト代で業者以上になって仕舞う可能性も出てきます。

 

 

そう言った事もよく計算して、引っ越し費用を見極める様にください。

ピアノ買取一括査定の体験談