ピアノのお手入れ

ピアノのお手入れ

 

家庭でピアノを取り扱う上でそれ程重要視されていないのが、ピアノのメンテナンスです。

 

但し、実際にはメンテナンスこそが最大の肝といえます。

 

これを怠れば、何とか高額で入手したピアノがあっという間に傷んでしまい、使いものにならなくなる可能性すらあります。

 

ピアノは非常に元来楽器です。

 

しっかりとお手入れを通して、長持ちさせるよう心がけましょう。

 

 

ピアノのお手入れでひとまず気にかけることは、置き場所です。

 

といっても、ピアノという楽器はそのサイズから、置ける場所をそんなに自由にこなせるわけではありません。

 

そのため、ピアノを部屋に重ねるのではなく、ピアノに部屋を合わせる必要があるでしょう。

 

つまり、ピアノを捨て置くのに対する場所に部屋をカスタマイズするということです。

 

 

ピアノの置き場所の条件には、外気の影響を受けづらい場所という点が挙げられます。

 

すなわち、風や直射日光が入らない場所です。

 

なるべく外壁に面していない場所を選ぶようにしましょう。

 

これは、壁の熱の問題もありますし、隣の住人への配慮もあります。

 

また、音響的問題もあります。

 

いずれにせよ、壁際にピアノを据え置くものではありません。

 

 

家庭でピアノを保管する場合は、ホコリや汚れを極力付けないようにしましょう。

 

使わない時折カバーを被せ、定期的に乾拭きをすることをおすすめします。

 

何より鍵盤は手あかで汚れることもあるので、時々中性洗剤を通じて拭き掃除をすると良いでしょう。

 

できれば、練習をする前に手を洗う習慣を身に付けておきましょう。

 

 

調律の方法

 

初心者の方はからきしなじみがないかもしれませんが、ピアノを使う上では「調律」というものが必要となります。

 

調律というのは、ピアノの音を正常にするための調整です。

 

ギターなどの弦楽器で行うのは割と有名ですが、ピアノも定期的に調律をする必要があります。

 

ただ、ギターのように頻繁にする必要はありません。

 

ピアノの調律は、1年に4回、季節ごとに一旦行えば良いと言われています。

 

とはいえ、ピアノの調律は非常に手間が掛かる上、コストも必要なのでなんだか年に四度は行えないのが現実です。

 

できれば年に2回、最低でも1回は行なうよう心がけましょう。

 

 

ピアノの調律は、基本的にはエキスパート以外が行うのは困難です。

 

そのため、調律が出来る人にお金を払ってしてもらうのが一般的な方法となります。

 

楽器店に尋ねれば、調律が出来る「調律師」の人を知っているので、紹介して受け取れるでしょう。

 

購入した楽器店に問い合わせて下さい。

 

 

ピアノの調律にかかる費用は、1回に大体1~2万円といわれています。

 

基本的にはグランド・ピアノの方がアップライト・ピアノより高めですが、とも上記の範囲に含まれるので、そんなに大きな違いはありません。

 

また、大手の楽器店等で申し込むより、個人でピアノ調律を通じているところの方が安くしてできる傾向があります。

 

調律をするだけでこれだけの費用がなるということも、ピアノがお金保ちの家にしかないという理由のひとつかもしれませんね。

 

 

故障したら修理に出そう

 

生来楽器として有名なピアノは、ある程度の衝撃や時間の経過による劣化、調律を長期間怠ったなどの理由で壊れてしまうことが多々あります。

 

とにかく、鍵盤やペダルといったじかに負荷がかかる部分は、意外と壊れやすいでしょう。

 

こればかりは、仕方のない部分もあります。

 

たとえ丁寧に扱っていても、割れる時は軽々と壊れてしまうものです。

 

 

故障したものは、場合によっては修理するよりも買い換えた方が安くつく場合があります。

 

例えば、パソコンやゲーム機、ポータブル音楽プレーヤーなどはその典型で、特殊な部品を使用していることもあってちょっとしたことでかなりの修理費用が繋がることから、買い換えたほうが少ないということはよくあります。

 

そういった場合は、安易に修理に出すと大損をすることもあるでしょう。

 

 

ピアノの場合、全然の損傷ではない限り買い換えよりも修理費の方が安くつきます。

 

ピアノ自体がはなはだ高額なものそれで、修理費用も部品取替えだけで相応にかかりますが、買い換えるよりは修理した方が良いでしょう。

 

 

修理する場合は、特に何が原因で故障しているのかを見る必要があります。

 

鍵盤が上がらない、ペダルが貫くなどのはっきりとした理由があればわかりやすいのですが、音が全部鳴らない、音程が合わないなどの不可解な故障をした場合は、とりわけ調律師の人にどこが故障しているのかを調べてもらうと良いでしょう。

 

その後で、その箇所を修理するにはどれくらいの費用や時間がかかるかなどということを聴き、修理するかどうかを決めると、最低限のコストで正すことができます。

ピアノ買取一括査定の体験談