ピアノがある環境

ピアノがある環境

 

音楽がスキな人にとって、ピアノという楽器は一種の憧れです。

 

ピアノの容易い音色は、万人の心に繋がる。

 

そのため、ピアニストを目指し示す人は世界中にたくさんいます。

 

中でも近年それでは、ピアニストを主人公とした「のだめカンタービレ」というマンガ、ドラマがヒットしたことを受け、ピアニスト志望者が増加しているといわれています。

 

そのため、ピアニスト予備軍の数は以前にも増して多くなっています。

 

 

では、ピアニストを目さすには具体的にどうすれば良いのでしょう。

 

一番良いのは、家にピアノがあることです。

 

スキなたまにスキなだけピアノに触れ、練習することができます。

 

さすが、腕も磨かれるでしょう。

 

子供にピアノに興味を携帯して望む場合は、「家にピアノがある」という環境は必須とさえいえます。

 

ただレッスンに行かせるだけでは、よほどピアノと相性がよくない限り挫折してしまうでしょう。

 

できれば、お子さんが生まれる前、生まれてすぐの段階でピアノを家に置いておきたいところです。

 

 

ピアノという楽器は、敷居が非常に良い楽器です。

 

当然、弦楽器や金管楽器なども、くれぐれも簡単ではありません。

 

それぞれに難しさがあり、一筋縄ではいかないものばかりです。

 

ただ、ピアノの場合は独特のセンスと身体的な特徴が著しくものをいいます。

 

具体的にいえば、手が大きければ大きいほど有利ですが、手の大きさは携帯して生まれたものです。

 

狭苦しい手でもはじけるようになるには、子供のころからピアノに触れて慣れ親しんでおく必要があります。

 

そういった意味では、昔の環境は非常に重要なのです。

 

 

ピアノの練習方法

 

ピアニストを目指す人や、ピアノをマスターするという目的がある人は、必然的にピアノの練習を行うことになりますね。

 

ピアノの練習方法は、個人レッスンと、グループレッスンの二つに激しく分けられます。

 

です。

 

 

ひと度個人レッスンですが、これもものすごく二つに分けられます。

 

ひとつは、家に講師の方を招くという方法です。

 

家庭教師というものですね。

 

いざ、音大生などがアルバイトで個人レッスンを募集しているケースはよくあります。

 

もうひとつは、自ら個人指導を通じているピアノ教室に通うという方法です。

 

 

個人レッスンの強みは、一対一でレッスンをいただけることに尽きます。

 

ピアノの場合は個人のセンスがそれぞれことなるので、できるだけ合同練習ではなく個人レッスンの方が良いと言われています。

 

テクニカルな面も、手の大きさが違えば指導方法も変わってきます。

 

家に導くも、教室に通うも、個人で習うのは有意義な時間となるでしょう。

 

 

一方、グループレッスンの場合は、大手のピアノ教室等に通って集団で習うことになります。

 

グループレッスンのメリットは、競合がいるという点ですね。

 

また、塾などがそうであるように、おんなじ目的を所持している人と共に学習することで仲間を得られるという点も高いでしょう。

 

音楽の勉強は独特の感性の中で得るもので、精神的に不安定になりやすい傾向があるので、仲間の存在は非常に喜ばしいものとなることでしょう。

 

友達を作って一緒に上達したいという場合は、グループレッスンが良いでしょう。

 

 

練習前の準備

 

教室に通うも、自宅に講師を招くも、ではある程度ピアノに触れておくことが重要となります。

 

何も薄い真っ白なところから習うことは、ピアノの世界においてはさほど好ましくありません。

 

ピアノのレッスン料はどうしても安価ではありませんし、広める側も最低限の準備がなされているものとして報ずることになります。

 

そういう意味でも、準備はしっかりと行っておく必要があります。

 

 

ピアノのレッスンを受ける場合、一層準備しておくべきなのは、何よりピアノ本体です。

 

お子さんにピアノを習わせる場合、ではお子さんがピアノに触れ、鍵盤を触り、ペダルを踏んでピアノに好む環境を触るようにしましょう。

 

 

そうして、最大の関門ともいえるのが楽譜です。

 

初心者にとって、楽譜は最大の敵。

 

音符だけならともかく、とてもわからない記号がたくさん並んでいる楽譜は、最初は本当に異質なものに見えて戸惑ってしまいます。

 

そのため、拒否反応を示す子供は少なくありません。

 

 

とはいえ、楽譜は音楽にとっては地図というものです。

 

楽譜が無ければ、楽曲の全景は見えてきません。

 

単純にその曲を弾くだけなら、耳で聴いた音をもちまして響かすという方法が通用します。

 

ですが、プロの音楽家になる場合は、それだけではダメです。

 

ゆくゆく得る必要がある以上は、なるべく早めに楽譜の見方を憶えさせた方が良いでしょう。

 

ピアノ教室に通う場合は楽譜の読み方も教えていただけるが、その時間も勿論レッスン時間に含まれるため、その分お金がかかります。

 

講師を招く場合も同様です。

 

できれば、事前に楽譜を最低限読めるような状態で練習を始めさせるようにしましょう。

ピアノ買取一括査定の体験談