ピアノの選び方・メーカーで選ぶ

ピアノあれこれ

パソコンや家電製品など、さまざまな機器が立ち並ぶ店舗で同じ商品が並んでいる場合、ひとつの目安として「どの製造会社のものか」という点を重視する人は多いでしょう。
本当に、主要製造会社か否かを確認して、その後にどの製造会社のものが好みか、あるいは評判が良いか、ということを気にするのが一般的ではないでしょうか。
それはピアノであっても同様です。
ピアノを製造しているメーカーは、国内外を問わず多数あります。
その中には、案の定有名な製造会社もあります。
そうして、それらの製造会社それぞれに特徴があるのです。
そのため、ピアノ選びをする場合は、製造会社で選ぶというのもひとつの手段として得ます。
ピアノ製造会社で一際有名なのは、何より「ヤマハ」でしょう。
国内最大の楽器製造会社であるヤマハは、ピアノを数多く製造、販売しています。
ヤマハのピアノの特徴は、鍵盤のタッチが柔らかく、手になじみ易いという点です。
また、非常にクリアな音色で良い人気を得ています。
ヤマハ以外の主要製造会社は、カワイやカシオといったところです。
カワイは、ヤマハの次に知名度の大きい製造会社ですね。
非常に良い使い勝手を覚え、電子ピアノの機能を充実させています。
また、アコースティックピアノも有名です。
ヤマハの軽快な音色と比較すると、カワイのピアノは軟らかい音色が特徴となっています。
カシオは時計で有名な製造会社ですね。
そのため精密機械には非常に著しく、壊れがたいという印象があります。
また、カシオのピアノは音にも透明感があり、ヤマハと同じ長所を持ち合わせています。

音量、音質で選ぶ

基本的に、楽器を質で選ぼうとするだとすれば、その比較要素となるのは予め「音」に絶えるのではないでしょうか。
無論、どれだけ長持ちするかという耐久性や、見た目なども商品の質の要素の中にはあるでしょうが、一際重視やるはとにかくその音色です。
音の質がどういったものなのか、音量がどれくらいなのかという点が、楽器の、そしてピアノの命といえるでしょう。
音質でピアノを選ぶ場合は、音を判断する耳を持ち歩いていることが条件となります。
製造会社特にそれぞれ特徴があるので、それを踏まえた上で各製造会社のピアノの音を聞き比べてみると良いでしょう。
なので違いが敢然とわかれば、音質に囚われるべき耳を持ち歩いている証拠です。
自分の好みの音を鳴らすピアノを選ぶようにしましょう。
一方、音量は憧れ以外の部分が多数を占めてしまう。
自宅でピアノを演奏する場合は、音の大きさで周囲に迷惑をかける可能性があるということを考慮しなくてはなりません。
ピアノを購入する最大の条件は、防音設備が完全部屋があるか否か、若しくは一戸建てであるかという点です。
防音設備のないごく一般的なマンションの場合は、常識的に考えるとはなはだ激しいでしょう。
ただ、一戸建てであっても、同居している家族に迷惑がかかる可能性はあります。
仮に音が大きければ、ある程度防音設備が整っていても、漏れ聴こえる音で周囲に迷惑がかかることは十分に考えられます。
そのため、できれば練習用のピアノは音が酷い方が良いでしょう。
そういった住宅事情から、近年は音がまったく小さく、周囲に迷惑がかからないくらいの音量で練習ができる「サイレント・ピアノ」という商品が開発され、非常に大きい人気を集めています。

サイズで選ぶ

どれだけほしいピアノがあっても、部屋に入りきらないようでは購入する意味がありません。
そういう点でいえば、ピアノ選びの際にやはり重要視する点は、サイズなのかもしれませんね。
購入するピアノは、自分の部屋まで運べ、再び部屋に配置できる範囲のサイズでなければなりません。
ピアノ購入時に注意することは、単純に「部屋における大きさ」ということを気にかけるだけではなく、搬入可能かどうかという点をしっかりと検討することです。
ピアノは幅も大きく、また高さもある楽器です。
例えば、ただ高さがあるというだけのものであれば、寝かせて運べばいかなるところそれでも大抵運び込めます。
ですが、幅も高さもあるピアノは、かなり搬入が厳しいのです。
ピアノを購入する際は、本当にサイズを確認し、そのサイズが部屋に入るかどうかを確認しましょう。
マンションの場合は、エレベーターを受かることができるかどうか。
一戸建ての場合は、門から入り口、入り口から自分の部屋まで通れるか。
二階以上のフロアに部屋がある場合は、階段は細長いケースが数多く、ピアノを運び込めない可能性がおっきいので最も注意が必要です。
一般的なピアノの重さは、アップライト・ピアノで250kg前後、グランドピアノで270~420kgほどといわれています。
これを運ぶのは大人2~3人ではほとんど無理なので、本当に大勢の人手がいります。
また、これだけの重さとなると、部屋の床にかかる荷重にも注意を払う必要があります。
こういった点も、前もって注意しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました