ピアノの選び方を学ぼう

ピアノの選び方を学ぼう

 

たくさんの種類があるピアノですが、それを全て取り付けることはもの理的に難しいと思われます。

 

価格もそんなに安いものではないので、基本的には一家に一台が限度という考えで購入することになるでしょう。

 

そんなにつながると、多数ある種類の中からひとつを選ばなくてはなりません。

 

どんなピアノが自分に向いているのかということを念頭に置きつつ、間違いのない選択を通して行く必要があるでしょう。

 

 

とりあえず、それぞれのピアノの特徴をしっかりと読むことが重要です。

 

例えば、電子ピアノは持ち運びが可能で、調律の必要もありません。

 

また、電気で音を制御するので、ヘッドフォンの使用が可能です。

 

学校等に持ち運びたい、防音設備がない家でピアノを弾きたいという場合は、この電子ピアノが最適でしょう。

 

 

本格的にピアノを覚えたい、将来プロになりたいという人の場合は、アップライト・ピアノの購入を検討すべきです。

 

基本的に、電子ピアノとは音色の質が異なります。

 

電子音の域を出ない電子ピアノと違い、アップライト・ピアノはアコースティックで余裕音色が出ます。

 

また、鍵盤のタッチに関しても、何一つ感触や反応が異なります。

 

至急「プロ用のピアノ」に慣れたい場合は、アップライト・ピアノを登竜門にした方が良いでしょう。

 

 

 

グランド・ピアノは、基本的にプロが扱うピアノという認識でいた方が良いでしょう。

 

もちろん、プロ予備軍の人達がコンクール等でふれる機会は多々ありますが、その練習のために一般家庭に置くはちょっと非現実的です。

 

一方で、ピアノ教室等を解く人などはグランド・ピアノを用意する必要があるでしょう。

 

 

ピアノの選び方には、「単一的見方をしない」というポイントもあります。

 

種類が決まったから、後は安っぽいものを…などという短絡的決め方はせず、さまざまな方向から検討するようにしましょう。

 

 

価格で選ぶ

 

基本的に、ピアノという楽器は非常に高めものです。

 

そのため、「家にピアノがある」ということは、子供にとってひとつのステータスとなっています。

 

つまり、「ピアノがある家=お金保ち」という図式ですね。

 

そういう意味でも、ピアノ選びはかなり慎重になる必要があるのですが、具体的にはどの程度の価格で売られているのでしょう。

 

 

ピアノの価格は、種類によってよっぽど異なります。

 

それこそ、別の楽器なのではというくらいに違います。

 

また、同じ種類のピアノであっても、その質や製造会社で著しく異なります。

 

ある意味、ピアノの最大の特徴なのかもしれません。

 

そのため、テレビのバラエティ番組などでも、「10万円のピアノと1,000万円のピアノの音色の違いが知る?」といった企画が設けられたりしています。

 

この例からもわかるように、ピアノは安価なものと高めものの価格差が非常に大きいのです。

 

 

そんな中から、ピアノ初心者の方が選ぶピアノに限定して見ていきましょう。

 

とにかく電子ピアノ。

 

このタイプのピアノは安価で、少ないものなら5万円以下でも購入できます。

 

ピアノに触れるためだけの購入であれば、電子ピアノで問題はありません。

 

ただ、ある程度音質やタッチに関して本格的に粘りたい場合は、20万円以上のものを購入したほうが良いでしょう。

 

 

アップライト・ピアノの場合は、安くても50万円を見ておきましょう。

 

ある程度グレードが上がると100万円以上にもなりますが、初心者であればそこまで大きいピアノは必要ありません。

 

 

グランド・ピアノの場合は、国内製造会社であれば100万円はゆうに超えてしまう。

 

そのため、プロ志望であっても、最初はアップライト・ピアノから購入した方が良いかもしれません。

 

 

中古ピアノを選ぶ

 

価格でピアノの購入を決める場合、新品の購入以外に中古ピアノの購入という選択肢が出てきます。

 

ピアノとか、多くの商品において、安価で購入するための方法として中古市場の利用は、非常に大きなウエイトを占めています。

 

とはいえ、さほど中古の商品が新品よりはるかに少ないとは限りません。

 

また、中古であることのデメリットやメリットは、それぞれの商品で異なります。

 

では、中古ピアノを購入するメリット、デメリットをそれぞれ確認してみましょう。

 

 

ピアノという楽器は、至極繊細です。

 

仮に、地震等で何かしらの大きな衝撃を受け、かすかに破損、故障したりすると、それだけでとっても別の音色になって仕舞うことも多々あります。

 

そのため、中古のピアノ購入には一定のリスクを背負います。

 

基本的に、故障したピアノや問題のあるピアノを販売するということは、中古であっても一旦ありません。

 

但し、壊れ易くなっている可能性は否定できません。

 

場合によっては、購入して直ちに故障することもあり得るのです。

 

また、使い込まれているピアノの場合は、タッチや音色が新品と比べて僅か感じが違っていることも時にあります。

 

「使用感」というものですね。

 

こればかりは、中古である以上仕方のない部分もあるでしょう。

 

 

一方で、ピアノの中古商品は他の商品の中古よりも有利な点があります。

 

それは、「あんまり使用されていないものがそれほど多い」という点です。

 

ピアノは、「子供に買い与えたは良いが手をつけず、結局ムダになってしまった」についてが非常に多い商品です。

 

そんなピアノは売りに出されることになりますが、中古であっても押しなべて使用感はないでしょう。

 

なので価格も安くなるので、大きなメリットとなります。

ピアノ買取一括査定の体験談