電子ピアノ

電子ピアノ

 

割に近年誕生した電子ピアノ。

 

別名「エレクトロニック・ピアノ」、あるいは「デジタルピアノ」とも呼ばれるこのピアノは、電子回路が内蔵され、電気の力で音が鳴るというものです。

 

音源が電気によって制御されているので、当然ながら電源を確保できる場所でないと演奏ができない楽器になります。

 

そういった意味では、他のピアノとは激しく種類が異なるピアノといえるかもしれません。

 

 

電子ピアノは、現在もなお進化し続けている鍵盤楽器です。

 

登場してからいまだに日が浅く、なにより「エレクトロニック」という分野のため技術の向上が目覚しく、それに合わせるように電子ピアノもどんどんとその性能を向上させています。

 

とはいえ、登場時は断じて「ピアノ」という感じではなく、音質も反応もある意味オモチャという感じでした。

 

実際、鍵盤の数も88はなく、そんな意味では子供が遊ぶためのもの、あるいはピアノの初心者がピアノにさわるために最初に買い与えられるものという印象が非常に強かったのです。

 

 

但し、近年まずは反応速度も非常に短くなり、また強弱も付けられるようになって、鍵盤数も88のものが出てきたことから、電子ピアノはピアノの派生品として正式に見えるようになりました。

 

現在では「調律不要のピアノ」、「低価格、コンパクトのピアノ」というメリットの方が前面に出た人気商品となっています。

 

 

電子ピアノはよく「エレクトーン」と混同されますが、エレクトーンは電子オルガンの名称であり、ヤマハの電子オルガンの商標です。

 

 

キーボード

 

時代と共に、ピアノはザクザクコンパクト化を要求され、それに応じてさまざまな小型商品が開発され、派生していきました。

 

グランド・ピアノが現役として多くの演奏者に愛用なる一方、学校の音楽の時間で使用なるピアノや、音楽家を目指し示したいとしているプロ志望の学生がピアノを学ぶ際に使用するピアノはどんどんと小型化して赴き、どんどん使いやすく、購入しやすいという「お手軽感」が求められていったのです。

 

その結果、誕生したのが「キーボード」です。

 

 

キーボードは、アップライト・ピアノよりももう一度軽量、縮小された鍵盤楽器です。

 

また、電子ピアノ同様、鍵盤のタッチに対して電気処理が行われます。

 

そんな意味では、現代技術の結集がキーボードという商品といえるかもしれません。

 

ただし、キーボードはピアノとは根本的に音色が異なるため、ピアノのカテゴリーに含まれるかどうかが微妙なラインでもあります。

 

オルガン等と共に、他の鍵盤楽器のひとつと見なすことも出来るので、それほどピアノの一種には含まれない場合もあります。

 

 

その一方で、キーボードはピアノの登竜門という見方がなるケースも多くあります。

 

キーボードは、ある意味「全てのピアノを体験出来る楽器」です。

 

さまざまな機能を有しているキーボードは、音色を変えたり、音の強弱を変えたりすることが出来る他、自動演奏も行えます。

 

そのため、コンピューターものの感覚で利用する人も多いようです。

 

こういったわかりやすさから、自分がどういうタイプのピアノに合っているかということを見つける上では、とにかく適しているといえます。

ピアノ買取一括査定の体験談