ピアノの音色は不変

ピアノあれこれ

近年、日本人の生活と音楽のあり方は徐々に変わってきています。
昔は、音楽といえばラジオで聴くものでした。
お気に入りの曲をラジオで何度も聞き、口ずさみ、そして共有して出向く。
そんなふれあいを通じてきました。
その後、レコードの普及により、日本人と音楽はいきなり距離を縮めます。
ひいてはカセットテープの登場で録音まで可能として、スキな音楽をスキなら喜べるだけでなく、保存したものを友達に貸すなどという楽しみ方が出来るようになりました。
1980年代にレコードに代わって誕生したCDは、1990年代に爆発的な売れ行きを記録しました。
2000年代に入ると、今度は配信という形に移行し、音楽がデータとしてパソコンや携帯電話で行き交うようになったのです。
こういうトレンドに伴い、音楽そのものももうすぐ変わっています。
今ではパソコン上で曲を仕立てることも可能で、音楽に携わっているプロではない一般人であっても作曲が出来るようになりました。
ただ、そんな中で貫くものもあります。
それは、音色です。
例えば、ピアノ。
ピアノの音色は、何百年も前から現在まで変わっていません。
勿論、厳密には構造も含め、ある程度の変化はあるでしょう。
ですが、ピアノの音は、例えばショパンの曲がそうであるように、昔も今もおんなじ「ピアノの音」です。
どれだけ時代が動いても、貫くもの。
数数少ないそれらの中に、ピアノは含まれているのでしょう。

ピアノの誕生

大いに古い歴史を持つピアノの創世記は、今から300年以上前の1700年にまで遡ります。
流石、当時は今のような形のピアノではなく、飽くまで「弦を叩いて音を出す楽器」という発想の下に作られたもので、恰もテスト状態でした。
鍵盤という概念はさほど直ぐ出来上がり、ピアノより前に鍵盤楽器の始祖として「クラヴィコード」という楽器が生まれました。
クラヴィコードは、本当は14世紀ころにはもはや誕生していたと言われています。
非常にシンプルな構造で、音量も現代のピアノと比べるといやに軽く、小さかったようです。
ただ、鍵盤を縦に揺らすことでヴィブラートが生まれるなど、現代のピアノではできないことも出来ることから、今だにオタクが世界中にいる楽器です。
チェンバロは17世紀に誕生した鍵盤楽器で、音量を強化することでクラヴィコードより力強い音が出せるようになりましたが、ヴィブラートを取り出すなどの音の強弱表現はできなくなりました。
但し、この楽器は貴族や上流階級の人々の目に滞り、世界各国で利用される人気楽器となったのです。
こういった背景もあって、ピアノは18世紀、1700年代初頭に生まれます。
発明したのは、意外にもドイツ人ではなくイタリア人です。
バルトロメオ・クリストフォリという人が、クラヴィコードとチェンバロの両方の長所を兼ね備えた鍵盤楽器を開発しようと着手し、生み出された発明品でした。
クリストフォリのピアノの発明によって多くの偉大な作曲者が誕生し、ピアノは世界的楽器となっていきました。

近代~現代のピアノ

1700年代は、ピアノと共にあった時代といっても過言ではないほど、ピアノの普及と進化は早かったといわれています。
予め、クリストフォリが発明したピアノは、その弟子のジルベルマンによってもっと進化します。
その進化したピアノを紹介され、その後ピアノに没頭したのが、かの大音楽家バッハです。
バッハの登場によって、ピアノという楽器はごっそりメジャーなものとなったのです。
再度1770年代中盤になると、スタインというチェンバロ製作者が独自の技法でどんどんピアノを進化させます。
そのピアノを聴いて感動し、ピアノ演奏を取り入れたのが、あのモーツァルトです。
モーツァルトは、晩年までそのピアノを愛用したといわれています。
こういった偉大な音楽家の登場もあり、ドイツではピアノという楽器が同時に普及しました。
その後、イギリス、フランスといったヨーロッパ諸国も人気を博し、何より1700年代後半に興った産業革命、フランス革命等によって一般層の中からもブルジョアといわれるお金保ちが生まれるようになってからは、ピアノは貴族や上流階級の人々だけではなく、一般層にも広がりを見せていったのです。
そうして、ピアノは時代と共にその構造を変えていきますが、でも音色はそのままに進化し、1800年代に現代のピアノとして完成を見ます。
日本では、1887年にヤマハ(YAMAHA)が誕生してから、ピアノが普及しはじめました。
その後も1927年に河合楽器研究所(カワイ)が設立なるなど、さまざまなピアノ製作会社が出来上がり、ピアノは日本人の音楽の中に浸透していったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました