曲の難易度の味方

ピアノ 楽譜

楽譜を選ぶときに気になるのが、曲の難易度です。
楽譜の難易度を解るには楽譜出版社が出している楽譜の難易度表を見て判断する人も多いと思います。
だがこの難易度表では参考にならないと感じている人も多いと思います。
ピアノ教室などでは、先生が次の課題曲を指定できると思います。
但し自分で曲を選ぶときにはどうしたらいいのでしょうか。
CDなどで聴いてピアノで弾けそうかどうにか判断する人もいると思いますが、これまずはまずまずしっかりとした見当はつけられないのです。
楽譜を見て判断するといっても、素人には実に耐え難いものがあります。
ピアノの熟練者でなければ、自分のレベルにあった難易度の曲を捜しあてることは難しいと思います。
では何より難易度表を参考にするしかないようです。
但し難易度表は楽譜の出版社によって付け方に違いがあるのです。
実際にピアノを弾くときは感覚で判断するため難易度表とは誤差を映るものです。
有名な曲であれば複数の難易度表を参考にして判断するのもひとつの方法だと思います。
数字で表されている難易度表の場合、曲の質や表現の難しさについてまで表現することはできません。
おんなじ難易度の数字の曲でも、弾き易いかどうかは弾き手によって違います。
見た目が難しそうで音符だらけの楽譜も、実際に弾いてみると弾き易いと見受けることがあります。
楽譜の譜面読みが面倒だということと、ピアノをはじけるかどうかは別の問題です。
奏者の手に見合うとか合わないということも関係しています。
全音楽譜の難易度表を取り扱うのならば、前後に1つの幅をみておいた方がいいと思います。
つまり中級第3課程になっていたら2~4のレベルだと企てるようにするのです。
音楽之友社から出ている15段階難易度は最初から幅をつけてあります。
そのため活用しやすいのですが感じ方は人それぞれそれで目安程度に考えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました