近代フランス版の選び方

ピアノ 楽譜

近年多くの出版社から近代フランスのピアノ曲の楽譜が出てきたので選択の幅がひろがりました。
近代フランスのピアノと言えば、ドビュッシーとかラヴェルなどが代表的な作曲家です。
ピアノの指使いやペダルの使い方が古典やロマン派とは違っていて原典版や輸入版などを使って学習することは難しいです。
そのため基本的な演奏に必要な校訂が加わっている「原典版+校訂版」の楽譜を選ぶのが一番いいと思います。
ドビュッシーの版を選ぶならば、原典版+校訂版の楽譜の中に大変使いやすいものがあります。
それがショパン社の「ドビュッシーピアノ作品全集」校訂が中井正子によるものです。
デュラン社版を元にしていて底本が明らかになっていますし、校訂者が補足した音価やスタッカート、スラー、テヌートは括弧表示になっているので信頼出来る楽譜です。
補足は校訂者が解釈したものではなく、一般的な意見として補足程度に書かれているところもいいと思います。
指使いについても、全体的に無理の弱い実用的な指使いになっているため弾き易いと思います。
ドビュッシーが指使いを書いた場所はわかるように区別されています。
ペダルの入れ方についても、ドビュッシーの響きを活かせる踏み替えになっています。
ペダル記号もわかりやすくて実用的です。
また特徴として、楽譜にあるフランス語表記のすぐ横に日本語訳がついている点が挙げられます。
本によっては巻末に解説として載せてあるものがありますが、楽譜中に書いてあるので使いやすくて便利です。
とっくにドビュッシーの校訂楽譜などを持っているという人でも、この中井正子校訂版は大変参考に陥る楽譜です。
楽譜コーナーに行ったらどうしても見てみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました