ピアノ教材の選び方2

ピアノ教材の選び方2

 

このように楽譜には様々なものがあり、選択の幅がいとも広くなっています。

 

ピアノでは、選択肢の第一として「原典版」あるいは原典版を元にして書かれた校訂版の「原典版+校訂版」となっています。

 

つまり作曲者本人が書いたクレッシェンドなのか、校訂者があとから加えたクレッシェンドなのか区別無く書かれているような楽譜はやめたほうが素晴らしいということです。

 

またおんなじ出版社の楽譜でも作曲家や本によりかなり違うので出版社で判断するのもやめたほうがいいと思います。

 

そうして原典版、あるいは原典版+校訂版の楽譜がすでにある人は、おんなじ曲でも色んな参考が入っている校訂版とか伝統的な標準版を貰うのもいいと思います。

 

ピアノを演奏する際の助けとして役立つからです。

 

 

あとは楽譜として見やすいかどうにかも教材選びのポイントとなります。

 

楽譜が書かれている紙は真っ白なものの方が見やすい、あるいはクリーム色がかっている方が見やすいといった好みもあると思います。

 

おんなじ曲でも本によって楽譜のレイアウトが違うので、見やすさの好みもあると思います。

 

ある版では、4ページしか無い曲が、他の版では5ページとか6ページになっていることもあるのです。

 

楽譜の内容自体にはめったに関係ありませんが、現にピアノを弾くときに楽譜を見極めることを考えると自分が弾き易い形式というものがあると思います。

 

おんなじ曲でも各版を見比べて見ることで、受ける印象も変わってきます。

 

他にもピアノ教材の選び方で重視することはありますが、それではこのような点を見比べて選んでください。

ピアノ買取一括査定の体験談