練習量

練習量

 

ピアノで弾きたい曲を練習してどれくらいではじけるようにのぼるものなのかその目安を見ていきます。

 

弾きたい曲のランクが激しくなればなるほど流石必要なピアノの練習量も増えていきます。

 

練習量の目安としては、初級ランクの楽譜で1時間の練習、中級ランクの楽譜で2時間の練習、上級ランクの楽譜で3時間の練習が必要とされています。

 

練習量がこの目安時間を下回る場合、その時点でアウトです。

 

ただし毎日これだけの練習時間を確保することはしんどい場合があります。

 

練習量が短い分、練習効率を吊り上げることで賄うことができます。

 

 

そうして大切なことは、レッスンを受けたらその日のうちに家で復習をするということです。

 

当たり前のことのようですが、実にできない人も多いのです。

 

但し家で練習するときに問題があります。

 

家で本もののピアノを使って練習しようと思うと、防音室がない限り、近所への迷惑に罹るため好きな時間に練習を力一杯することができません。

 

たとえば仕事から帰ってきて夜に練習したくても、近所のことを考えるとそれは難しいです。

 

練習しよ気持ちがあるのにできないことはピアノの上達を阻む原因となります。

 

そこで利用しよのが電子ピアノです。

 

電子ピアノならば、ヘッドホンを取り扱うことが出来るため好きな時間に練習することができます。

 

本当に家にピアノがある人でも昼間はピアノ、夜は電子ピアノを使って練習する人がいるそうです。

 

但し音色はもちろんのこと、キータッチや微妙な表現やペダルの具合などに違いがあるため、ピアノ通りに弾くことはできないようです。

 

電子ピアノを扱うときには、音量を小さくしないで大きくして本もののピアノに多少なりとも間近い音で練習するようにください。

 

タッチ調整が出来るタイプのものとすれば、「一番何気なく」しておいた方がピアノに間近い状態で弾くことができます。

 

使い方次第で、電子ピアノでもピアノにほど近い形で練習することが出来るのです。

ピアノ買取一括査定の体験談