♯や♭その2

♯や♭その2

 

今度は♯がピアノの鍵盤上でどのように黒鍵に変換するか見ていきます。

 

♯も♭と同じく楽譜上にいくつの♯があるかによって変わってきます。

 

♯が1個ならば「ファ」、♯が2個ならば「ファ」「ド」、♯が3個ならば「ファ」「ド」「ソ」、♯が4個ならば「ファ」「ド」「ソ」「レ」、♯が5個ならば「ファ」「ド」「ソ」「レ」「ラ」です。

 

♭のときと同様にピアノの鍵盤で最初に右手だけを使って練習します。

 

「ドレミファソラシド」「ドシラソファミレド」を繰り返します。

 

♯が1個から♯が5個までをそれぞれすべて10往復行います。

 

練習方法は♭と同じですが、♯の場合、指使いがバラバラなので気をつけて下さい。

 

 

ト長調とホ短調の場合、ドレミファソラシドを指番号「12341234」となり最初の「4」が黒鍵になります。

 

♯2個のニ長調の場合、本来は「レ」の音を起点として「ドレミファソラシド」となるのですが、指番号が「41231234」となり最初の「4」と次の「3」最後の「4」が黒鍵になります。

 

そのとき「シドレミファソラシ」の状態になってしまいます。

 

但し本来のスタートに戻せば音は自然に「12345」となります。

 

イ長調と嬰ヘ短の場合、指番号が「31234123」となり、最初の「3」と真ん中の「34」と最後の「3」が黒鍵になります。

 

ホ長調と嬰ホ短の場合、指番号が「34123123」となり、最初の「34」と真ん中の「23」と最後の「3」が黒鍵となります。

 

ロ長調と嬰ト短の場合、指番号が「23123412」となり、最初の「23」と真ん中の「234」と最後の「2」が黒鍵になります。

 

このように楽譜を見て、頭の中で何の音が黒鍵になるのか考えるのではなく、繰り返して練習することで指が勝手に黒鍵に働くようにすると簡単に♯を攻略することができます。

ピアノ買取一括査定の体験談