初見をミスしたときの対処

初見をミスしたときの対処

 

楽譜の初見をして、ピアノを弾いていてミスした場合どうすればいいのでしょうか。

 

多くの人が、ミスした部分だけを後から練習してできるようにしたと答えています。

 

但し初見の場合、ミスしたときの対処法は違うのです。

 

初見ができない場合はそれでいいのです。

 

試しにピアノを弾いてみてミスしたら、感じ取るまで繰り返し練習する。

 

そうしてその課題曲を丸暗記するまで練習するのが初見を知らない人のすることです。

 

但し今回は初見の練習なので、ミスをしてもどうしても課題曲を弾きなおししてはいけません。

 

初見というのは、常に楽譜を開いた瞬間に始まる一発勝負なのです。

 

答えを丸暗記しては意味がないですし、ミスしたところを治すことが目的ではないのです。

 

ミスした原因を考えて治すことが次に達する大切なことのです。

 

初見は一発勝負なので、初挑戦のときしっかりと弾けなければその人の本当の実力を試すことにはならないのです。

 

失敗してもミスしたところを作り直すのではなくて、注意点を確認しておいて次の課題でその点を修正できるようにすればいいのです。

 

その日失敗しても次の日からおんなじ失敗を止めることが大切なのです。

 

これが初見をミスしたときの対処法です。

 

ミスをしてしまいその結果に不満があったとしても、決しておんなじ課題を連続して弾かないようにください。

 

何度もおんなじ課題を弾いてしまうと、それはもっとテストではなくなってしまいます。

 

ミスしても放置して、その代わりにミスした原因をしっかりと把握して潰していくようにすることが大切です。

 

これを繰り返していくと、実力をアップさせることができます。

ピアノ買取一括査定の体験談