ピアノの練習

ピアノ 楽譜

ピアノを弾いている人の中には楽譜から音符を受けとることが精いっぱいで、楽譜からリズムを読みとることができずにカンでごまかしている人も多いと思います。
あるいは先生が弾いたお手本を覚えておいて思い起こしながら弾いていたという人もいると思います。
新曲を練習する時々、前もってピアノで音を押し出す前に楽譜からリズムを正確に当てることから設けるようにください。
最初に楽譜を開いたら、「タタタタ」読みで膝をたたくことから始めてください。
楽譜を見ながら、両膝をスラスラ叩けるようになるまでください。
膝を正確に叩けない人がピアノの鍵盤をスラスラと叩けるわけがありません。
膝をたたくことから、曲の練習が始まっているのです。
適当にやって「まあすばらしいや」とリズムの練習をやめてしまうとミスするクセがついてしまいます。
たとえば、指番号を見ながら、練習を片手ずつ始めてしまうとか、両手の練習は後からすれば素晴らしいとか、結果両手のリズムが併せられなくなって混乱してしまうことになります。
ミスのクセがついてしまった後に、苦労して練習でミスのクセをなくすとなると、それは至って遠回りな練習方法になります。
基礎がさんざっぱら大切なのです。
面倒がらずに、では膝をたたくことです。
修正練習する方がずいぶん大変ですし、時間もかかります。
一度覚えたものを後からすべて作り直すということは、精神的にも窮屈に感じて練習のやる気がうせてしまいます。
耳でCDや先生のお手本などのメロディを拾って、記憶やカンだけでリズムをとっている人は、間違うリズムにだんだんと耳が慣れてしまうので次第に違和感さえ受取ることができなくなります。
間違う情報が上塗りされていくのです。
ですからすべては初期練習で規則正しいリズムを狙うことが大切なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました