リズムその2

ピアノ 楽譜

続いてリズムを採り入れる上で大切な休符記号について説明します。
ピアノを習い始めて楽譜を読み始めると、音符以上に休符に苦手意識を持つ人も多いと思います。
音楽の授業では全休符は4拍休む、2分休符は2拍休む、4分休符は1拍休むと企てる人は多いと思います。
但し知識面でこのように答えたとしてもピアノを弾いていて楽譜に休符が出てきたらよくわからないと思います。
ピアノを演奏するための休符の読み方は違います。
拍子感を所持して掴むことが大切です。
休符には全休符、2分休符、4分休符、8分休符、16分休符、32分休符があります。
たとえば4分休符の場合、4分音符が1つ楽譜から抜けたとしてそこの空いた部分に4分休符を入れたとします。
この4分休符でどれくらいの拍数を休めばいいのかと考えないで下さい。
4分音符が単にあるつもりで、「タンタンタンタン」とカウントすればいいのです。
つまり4分休符も「タン」分だけ休めばいいのです。
頭で考えなくても間で練り上げる、それが演奏用のリズムです。
同じく8分休符の場合も、8分音符があったとしてそこを抜いて空いた部分に8分休符を入れたとします。
全部8分音符があるつもりで「ドレミファソラシド」の「ソ」を抜いたとしたらその部分8ビートのカウントを取り休符もおんなじリズムで休めばいいのです。
1拍の半分などと感じるよりも演奏になるわかりやすいリズムの刻み方です。
楽譜をみて音符に気を取られていると、休符が見えなくなってしまうので注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました