音符と鍵盤の一致

ピアノ 楽譜

音符の読み方を覚えたはずなのに楽譜を目の前にしていよいよピアノを弾こうとすると、楽譜を当てるのに時間がかかりすぎてしまったり、ピアノの演奏もミスだらけだったりしてできないという人も多いと思います。
このような人は、音符を目で見て、頭で無意識に「ド」は楽譜ではこの位置に陥るなど言葉に変換してしまっているのではないでしょうか。
ピアノを弾く上で大切なことは、楽譜をよむことでなく、楽譜を見てはじけるように達することです。
そのためには音符を見て直接ピアノがはじけるように上ることが理想的です。
楽譜を掴むとき、音符を見てから階名におきかえて考えるのではなくて、音符を見てただただピアノが弾けなければいけないのです。
そのためにも音符を得るとき、知識として音符の読み方を得るのではなくて、演奏用として音符を憶えなければいけません。
毎日ピアノの練習で楽譜を見て行っていたけれど、音符をただ見ていただけでよむことをしていなかったという人も多いと思います。
これをやめるためにも、楽譜の「ミ」の音符を見たらそれがもっぱらピアノの鍵盤上でどこの位置にあたるのか即座にわかるようにならなければいけません。
この目的は「知識」として音符を得るのではなくて、ピアノ演奏のための憶え方です。
ト音記号で五線の一番下の「ミ」のラインに音符があれば、それは鍵盤上の「ミ」の位置を五線に見立ててその鍵盤が五線の端になるようにアッという間にイメージを固めなければいけません。
最初は躊躇うかもしれませんが、コツさえ覚えれば誰でもアッという間に読めるようになるので安心ください。
音符と鍵盤を一致させて考えることができるようになれば、楽譜を掴むのが何倍も早くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました