音符をスラスラ読む

音符をスラスラ読む

 

音符の読み方のポイントを憶えました。

 

但し初心者はついつい楽譜を見ただけで拒否反応を示してしまう。

 

突如ト音記号とヘ音記号の楽譜が現れたら、音符を掴む前にどこから読もうか視線が泳ぐものです。

 

こうなったら、では音符を楽譜から全部消してください。

 

音符ではなくて、ラインを探るのがポイントです。

 

五線の外枠を見て、目印として基準を作ると音符をスラスラと読めるようになります。

 

まるでト音記号の五線の外枠を見ます。

 

このとき五線の一番下は「ミ」一番上のラインは「ファ」になります。

 

ヘ音記号のとき、五線の一番上は「ラ」一番下のラインは「ソ」になります。

 

大譜表の両手版になった状態で下から順番に掴むと、「ソ」「ラ」「ミ」「ファ」になります。

 

これを自分の覚えやすい単語に置き換えて覚えます。

 

このようにして五線の外枠を確実に得ることで、楽譜がよむ易くなります。

 

 

そうして今度はこの「ソ」「ラ」「ミ」「ファ」を、ピアノの鍵盤上に置き換えて見るのです。

 

これを色に変えてみます。

 

「ソ」を「茶色」、「ラ」と「ミ」が「緑色」そうして「ファ」を「茶色」とします。

 

真ん中の「ド」を「水色」、五線の真ん中の音を「ピンク」とします。

 

得るのはこの4色です。

 

ピアノの鍵盤上で見ると真ん中の「ド」の水色を中心にして、次がヘ音記号の「ラ」とト音記号の「ミ」が緑色、五線の真ん中のヘ音記号の「レ」とト音記号の「シ」がピンク、五線の一番端が茶色となります。

 

このように鍵盤を色に分けて、4色の色の位置を鍵盤上で正しく覚えて下さい。

 

そうしておけば、他の音がでてきても、音符が1つ高ければ指で鍵盤の1つ上を叩けばいいです。

 

音符が2つ激しくなったら、指で鍵盤の2つ上を叩けばいいのです。

 

頭で楽譜を読もうと一生懸命覚えなくてもこのカラーはこの鍵盤を押すと覚えておけばそこを起点としていくつ隣の鍵盤をたたくかということになるのです。

 

頭で覚えなくても指が教えてくれるのです。

ピアノ買取一括査定の体験談