ドの音

ドの音

 

楽譜にある「ド」の音は、楽譜を掴む上でも基本と達する音符です。

 

この「ド」の音符を読めるようになれば、ト音記号でもヘ音記号でも弱ることがなくなって、ピアノを弾くときでも簡単に楽譜を確かめることが出来るようになります。

 

初心者の人がよくおもうことだが、「ド」の音というのは、五線から下に飛び出している音符という印象が硬いと思います。

 

ただし、「真ん中のド」をよく見てみると、「楽譜の真ん中」にあることがわかります。

 

楽譜の上で真ん中の「ド」はピアノの鍵盤上でも真ん中の「ド」にあるのです。

 

左手も同じです。

 

 

そうして他の「ド」についても覚えていきます。

 

真ん中の「ド」からおっきい音に向かって1つ目の「ド」を「+1」の「ド」として、2つ目の「ド」を「+2」の「ド」とします。

 

「+2」の「ド」を見るとライン上にあるのがわかります。

 

「+2」の「ド」の憶え方は、五線に対して加線しているのが2本であること。

 

そうして楽譜の加線が2本ならば、ピアノの鍵盤上でも「+2」の「ド」に変わるということです。

 

 

左手のヘ音記号の場合もおんなじ考え方です。

 

真ん中の「ド」から少ない音に向かって1つ目の「ド」が「-1」、2つ目の「ド」が「-2」だとします。

 

ポイントは「-2」の「ド」です。

 

ヘ音記号の五線に加線が2本で「-2」の「ド」となります。

 

そうして楽譜の加線が2本ならば、ピアノの鍵盤上でも「-2」の「ド」になります。

 

これで右手も左手も「ド」の音が簡単にわかるようになりました。

ピアノ買取一括査定の体験談