初心者のピアノ

初心者のピアノ

 

ピアノ初心者の人の場合、ピアノを賢くはじけるように望むという気持ちはあってもどうして練習すればいいのかよくわからないという人が多いと思います。

 

初心者にありがちな失敗なのですが、やにわに楽譜をみて音をだそうとしてもどうもうまくいくものではありません。

 

では楽譜をちゃんと読めるようにすることが大切なのです。

 

そのためには音符の読み方やリズムの取り方を勉強する必要があります。

 

 

それでは「ト音記号」の読み方を紹介します。

 

初心者の場合、一番下の「ド」から順番にひとつずつ音符を数えてしまいます。

 

但しこれだと音符を読むのにさんざっぱら時間がかかりますし、数えるだけで疲れてしまいます。

 

そこで音符がすぐさまわかるようになる方法を紹介します。

 

音符が上手く読めないという人は、「ド」を基点として地道に数えて真正面から音符に向き合っている人が多いと思います。

 

五線を横から見るようにください。

 

ト音記号の5本の線を下から順番に読んでいくと「ミ」「ソ」「シ」「レ」「ファ」となっています。

 

これに「ド」をたすと下から「ド」「ミ」「ソ」「シ」「レ」「ファ」となるのです。

 

これを知っていれば下から数えなくても一目瞭然で音符を掴むことができます。

 

 

次に「ヘ音記号」の読み方を紹介します。

 

一般的にト音記号よりヘ音記号を苦手としている人が多いようです。

 

ヘ音記号も真正面から見分けるのではなく、横から見るようにください。

 

一般的にヘ音記号での基準は悪い音の「ド」となっています。

 

ただしこれそれではわかりにくいので基準の音を高い音の「ド」にします。

 

すると「ト音記号」のときとおんなじ「ド」が基準になるのでわかりやすくなります。

 

そうして上から「ドシラソ」と数えてくればいいのです。

 

これを順番に数えるのではなく、五線を横から見ると上から下に向かって「ラ」「ファ」「レ」「シ」「ソ」となります。

 

これに「ド」をたすと上から下へ「ド」「ラ」「ファ」「レ」「シ」「ソ」となるのです。

 

これを自分の覚えやすい単語などに置き換えて覚えると一段とわかりやすくなります。

ピアノ買取一括査定の体験談