楽譜の種類

楽譜の種類

 

楽譜にはいくつか種類があります。

 

「フルスコア」は総譜と呼ばれるもので、管弦楽や吹奏楽において生きる合奏用の楽譜です。

 

各パートすべての音が記されています。

 

普通は指揮者用に作られたA3サイズ以上の大型なスコアを指していますが、作曲家や音楽学者などが使えるようにミニチュアスコアの方が大きく出回っていて内容はフルスコアとおんなじものになります。

 

 

「コンデンススコア」はミニスコアと呼ばれるもので、総譜を見やすくしたもので、ピアノでも弾きやすいように、指揮の練習をするときにも使いやすいようにコンパクトにしたものです。

 

 

「パート譜」は管弦楽や吹奏楽において生きる合奏用の楽譜です。

 

パートごとに演奏するときに必要な楽譜だけが抜き出して記されている楽譜です。

 

総譜の対義語となるものです。

 

ヨーロッパなどでは合唱用にもパートごとの譜があります。

 

 

「ボーカルスコア」はオーケストラが扱うフルスコアからパートをピアノになおしてあるものです。

 

声楽のときにパート譜として、あるいは声楽でピアノ練習をするときの譜として使われます。

 

 

「大譜表」はピアノ譜と呼ばれるもので、ト音記号とヘ音記号の2段で構成されている楽譜のことです。

 

総譜をコンパクトにしています。

 

ピアノなどの鍵盤楽器用の曲を書き表すために使われています。

 

 

「リード・シート」はCメロ譜と呼ばれているもので、原曲からメロディ、コードネームだけを書いた単純な楽譜です。

 

ポップスやジャズなどでアドリブ演奏するときに使われています。

ピアノ買取一括査定の体験談