楽譜とは

楽譜とは

 

音楽を記録するために、符号や演奏記号などを使って記号化したものが「楽譜」です。

 

一般的には西洋音楽発祥のものを示していますが、世界中の音楽で色んな楽譜が存在しています。

 

楽譜のことを「譜面」とか「譜」と叫ぶこともあります。

 

楽譜には管弦楽や吹奏楽用のものやピアノ用のものボーカル用のもの指揮者用のものなど様々な種類があります。

 

 

楽譜は朗読なることを目的には作られていません。

 

ほとんどの場合において、ピアノや管楽器などの楽器を使って演奏をすることを目的として作られています。

 

現在も大きく一般的に使われている西洋音楽が発祥となっている楽譜のことを「五線譜」と言います。

 

使われている記号を五線譜記号と言います。

 

音高軸と時間軸を使ってグラフのように書かれている五線には、音符や休符、音部記号や拍子や調号や臨時記号などが書かれています。

 

その他文字を使って映し出すマークなどの演奏記号、言葉を取り扱う標語などもあります。

 

 

音楽を記録するという目的を達成するためには、録音という方法をとれば丸々音を録音することができます。

 

音楽の繊細な表情まで記録することができるとして有効な手段です。

 

ただし録音は飽くまでも演奏の記録であり、楽譜というのは音を使わないで演奏しながら掴むことができるものが楽譜なのです。

 

演奏する際に、色んなヒントを残しながら視覚的に把握することができます。

 

そのため時間の流れを経ても、人が変わっても視覚的に理解することができるという点で録音とは違う意味での音の記録方法なのです。

ピアノ買取一括査定の体験談