不用品回収の種類

廃品回収と不用品回収

大きく分けて2つに不用品回収の種別を分ける事が出来ます。

先ず1つ目の種別ですが、回収した不用品を廃棄したケースいう内容になります。

これをおこなうには不用品回収業者が一般廃棄物収集運搬の許可を獲得していなくてはなりません。

しかしながら自治体で許可を出してくれない立地もあるらしいのです

次の種別はリサイクル品として回収した不用品を扱うという方式になります。

今近頃おこなわれている不用品回収業者のメージャーはこのリサイクル品として扱うという方になっているやうです。

どちらの回収方式の種別にしても回収業者にしては回収料金を徴収出来ます。

しかしながら廃棄にしたケース廃棄料を業者は経費として払わなくてはなりませんが、リサイクルにしたケースリサイクル料金が業者側に収入として入ってきますのでこちらの方が不用品回収業者にとっては良いという事になりますね。

しかしながら、廃棄してくださいという形で廃棄料を支払い不用品回収業者に廃棄依頼したにも関わらず、業者側が回収した物をリサイクル品として扱うというのは許される事ではありません

そういった事をしていると廃棄用の不用品が大量にリサイクルストアーに流れてしまう事になります。

それに依頼主の許可なく転売するのはモラル的にどうなんだろうと思ってしまいますよね。

そみたいにモラルに反する事を行なう不用品回収業者もいるという事も覚えておきましょう。

この様に大きく分けると2種別に不用品回収は分けられますので、頼む際にどうしたいかで選択したケース良いでしょう。

パソコンを不用品として処分すると言う事

今時の会社でパーソナルコンピュータが1台も無い会社って殆ど無いのではないでしょうか。

自宅にだって今や殆どのご身内でパーソナルコンピュータが有る時代になって来ているのですので、それほどパーソナルコンピュータの普及率って凄い物だとおもいます。

でもパーソナルコンピュータって楽ですよね。

楽な分、おもわず色んな情報を投入してしまいがちです。

逆を言うと色んな個人的な内緒とか、会社の情報とか山ほど入っているのです。

しかしながらパーソナルコンピュータは永遠に動く物ではありません

有るくらい使用していれば何年かで壊れてしまう事も有ります。

動かないパーソナルコンピュータはただの不用品ですので、処分する事になるでしょう。

専門業者であるのなら専門業者単位で処分してくれるとおもいます。

ご身内であるのなら不用品回収等を利用して処分する事でしょう。

ここで注意しなければならないのがパーソナルコンピュータの内部データです。

例え壊れて動かないとしても、中身に入っているデータは生きている事が沢山ので、見る人が見るとデータを抜き取られてしまうケースがあり、個人情報流出という事にもなりかねないのです。

特に専門業者で処分するケースは、顧客情報が流出してしまったら信用問題になりますので、パーソナルコンピュータを処分する際には物かなり注意をしなくてはなりません。

例えデータをDELETEしたとしても、内部に残っていて復旧リカバリが出来るケースもあるのです。

こうした事にならない様に、パーソナルコンピュータを処分する際にはパーソナルコンピュータの専門業者に不用品回収をしてもらう、あまりやらないとおもいますが、物理的に破壊する様にしないとリスクだという事を覚えておきましょう。

不用品回収業者に気を付けましょう

休日、家にいると外からたまにスピーカーを使用して「不用品回収をします」と呼び掛けているトラックが走っていますよね。

パーソナルコンピュータやテレビ、オートバイ等、ご身内から出る不用品を回収してくれるというのですが、こうしたトラックに渡して大丈夫なのかなと思ってしまいますよね。

不用品回収を行っている業者には、会社としてきちんと起こしている会社、個人として不用品を回収している人とに分かれているとおもいます。

会社として不用品を回収しているのであるのなら、きちんとインターネットなんかに情報が載っていて料金もきちんと提示されているとおもうのですが、トラックなんかで回っている不用品回収業者に対しては、個人である事が沢山とおもうので、回収している人の素性が怪しかったりもするのです。

極度かも知れませんが、暴力団、路上生活者、そうした人が扱っているアルバイト等、何をお目当てとして行っているか分からないケースがあるやうです。

しかしながら、利用する側としてはわざわざ不用品回収業者に電話したケース比べると、たまたま通りかかってくれたのならそれに渡してしまおうとおもう人も少なくないですよね。

ある事例に関連してですが。

たまたま通りかかった業者に不用品回収を依頼した所、ちょっと見ていない間に必要な家電まで持っていかれてしまったなんて事も有ったらしいです。

全てがそういう業者だというのはいいませんが、不用品回収をしてくれる業者はどんな人か分かりませんのであるくらい注意して選んだ方が良いですし、注意したほうが良いとおもいますよ。

不用品回収業者を利用してみましょう

家の中を片付けたり、引っ越しをしようとして整備整とん整頓をしている際に多くの不用品が出た経験はないでしょうか。

荷物を整備整とん整頓したは良いけど、出てしまった不用品をどう処分したら良いのか困った事って結構有るとおもうのです。

自分自身でゴミに出したり粗大ゴミに出したり、オークションやリサイクルと処分する事も出来ますが、物によっては結構処分も大変な物だとおもいます

何故ならテレビやエアコン等、家電リサイクル法に適用されている家電を始めとして、不用品を下手に処分してしまうと法令や規制に引っ掛かってしまうケースがあるからです。

ですので不用品の処分は昔というのは変化して、容易に処分出来ない様になっているのです。

こうなってしまった背景には地球環境要素保護問題があったり、資源を有効利用するお目当てでリサイクルが叫ばれていたりするからだと言われています。

ゴミを容易に処分していては大量に処分する事になり、二酸化炭素を多量に排出し、地球温暖化を悪化させてしまう様になるのを防止する趣旨合いも有ります。

ですので私たちが住んでいる地球を守る為、地球環境要素保護に関心を向け、実践していく事が必要とされるのです。

その為にリサイクルにかんする法律も守っていく必要が有るとおもうのです。

容易な所では、引っ越しや大掃除で不用品が出てきてしまったケース、リサイクルや不用品回収業者が行っている不用品回収サービスを利用する等して、資源を有効利用する様に配慮してみてはいかがでしょうかですかか。

お金もかかりますので予算に応じて考慮してみてください

タイトルとURLをコピーしました