不用品回収の現場について

不用品回収

もともと不用品回収というのは楽屋市場から発展した物だったやうです。

ここに不用品回収のちょっとした抜け穴があるらしいのです。

ゴミ回収って毎週何処のエリアでもやっていますよね。

これは産業廃棄物及び一般ゴミ回収の事を指していました。

ゴミ回収が出来る人って許可証を持っている業者しか扱えなかったのですが、楽屋がサービス内容として部屋の片づけを行なう様になってから不用品回収という物があらわれたらしいのです。

楽屋が行っている不用品回収というのは基準が有りません。

許可所有業者でもありませんので、大体この位かなぁとか自分たちが思っている価値で付けられているのです

より一層わざと時間をかける様にして人件費を請求する業者も中にはあるやうです。

有る例では、2トントラックの不用品回収を行なうのに6人も来て、その分の人件費を請求されたやうです

不用品回収業者を探すときには慌てずにゆっくり探す事が先決で、ホームページで見てみて価値が書いていない、住所が無い、許可証の番号が書いていない業者は避ける様にした方が良いでしょう。

そしてきちんと見積もりをしてもらい、見積もりをしたらそれ以上の額面が請求されないことをちゃんと確かめる等しましょう。

1つだけならまだしも、結構な量が有るとしたらきちんと調べておかないととんでもない額面を請求されてしまうかも知れませんよ。

見積もりをもらったら、その抑制しはきちんと取っておき、そのエリア内で納めてもらう様にしたケースかきちんと書面で契約を行なう様にしましょう。

不用品回収をしてもらおう

自治体での処分を不用品回収業者への依頼という方式が不用品回収の方式には有ります。

自治体で不用品を回収してもらうケース、各々の自治体によって申し込み方式やお手続方式がちがいますので各自治体に問い合わせて頂ければ良いとおもいます。

ここでは東京23区を例にとって挙げてみたいとおもいます。

不用品回収か粗大ごみのケース、粗大ごみ収集受付センターに連絡を電話かインターネットでおこない回収の申し込みをします。

申し込みをしたら粗大ごみ処分手数料券というのを自治体かストアー舗にてオーダーします。

大体数百円程で、シールになっています。

申し込みをしたら粗大ごみに貼って指定された日付に指定された立地に出して終了です。

券をオーダーする際、指定された種別の券を購入して相応の額面を払う様になっていますので、もし適合しない券だったケース、額面が沢山分には構いませんが足りない分には粗大ゴミが回収されませんので注意が必要になります。

そして注意してほしいのが、粗大ゴミは必ず指定された収集日に出す様にしましょう

じゃないと誰かに持っていかれたり、他の方の迷惑になる見込みがありますので、規律を守って回収してもらいましょう。

当然、自治体で全て回収してくれればいいですが、1回につき何個までという個数制限や、回収出来る不用品の種別に制限がある等、自治体で回収してもらえない不用品もありますので、そう言うケースは不用品回収業者に連絡して引き取ってもらうと良いでしょう。

不用品回収業者だけじゃなく自治体も利用する事で不用品回収にかかる額面をグッと減らす事が出来ますよ

不用品を寄付してみませんか

何かの拍子に出てきてしまった不用品。

あなたならどう処分しますか。

不用品回収業者を呼んで不用品回収してもらうのも良いでしょう。

粗大ゴミとして出すのも良いでしょう。

しかしながらそういった不用品、あなたにとっては不用品だとしても誰かにとってそれは必要な物かも知れません。

それならばその誰かに不用品を譲ってみるという考えはいかがでしょうかですかか。

その心が誰かを救うかも知れないのです。

じゃあありのままに何処に連絡したら不用品を譲る事が出来るのでしょうか。

ありのままはその方式が分からずに結局不用品回収してもらうというケースも少なくないやうですのです

不用品を募金したケースして、その募金を受け付けてくれている団体というのが有ります。

結構いっぱいありますので、その一部をご紹介して見たいとおもいます。

「特定非営利活動法人DEFC」「NPO法人JFサービススポットニッポンファイバーリサイクル連帯協議会」「ジョイセフ(身内計画国際協力財団)」等、いっぱい有ります。

この団体によっては受け付けてくれている物がちがいます。

新品しか受け付けていない団体もあれば、中古でも大丈夫という団体も有りますので、どんな物を受け付けているのか、募金金は必要なのか、何処に募金しているのがそういった所も確かめておくと良いですね。

またいくらあなたにとって不用品だというのは言っても募金する以上はギフトになります。

募金するまでは粗末に扱わない様にして、出来るだけキレイな有り様で引き渡す様にするのも1つの心がけですよね。

タイトルとURLをコピーしました