不用品回収にはどんな方法があるのでしょうか

不用品回収業者のサービス

家の中の小さな家具を処分したいなと思った時、どうやって処分したら良いのか分からないと悩んだ事はないでしょうか

粗大ゴミかな、一般ゴミかなと頭を抱えるでしょう何が粗大ゴミかの判断は自治体によってちがいますので一概には言えませんが、エリアによって違うので各自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

そういった中、不用品として処分しようとした際、どんな方式があるのか挙げてみたいとおもいます。

【自治体に引き取ってもらう】自治体によって粗大ゴミ収集センター等、名前はちがいますが、そこに事前に連絡して引き取ってもらうという方式が有ります。

ガッカリながら有料で引き取りという事なってすが、不用品回収業者を通すと比べると格安な上に家の玄関先を回収立地として指定出来ますので、持ち込めない人にとってはかなり楽な方式だとおもいます。

お手続方式は各自治体に連絡した際に聞いてくれると良いのですが、大体はゴミ処分券というシールをオーダーし、指定された日時にそのシールを貼って…粗大ゴミ収集立地に置いておくという方式になります。

但し何でも引き取ってはくれません。

家電リサイクル法に適合する物はダメとか、大きさはこれ以上じゃなきゃダメとか、個数はこの位とか制限がありますので、予めどういった物を処分したいのか伝えておきましょう。

他にも不用品回収の方式はありますが、日時指定を考えなければ格安でお得な処分方式だとおもいますので願わくは問い合わせてみてくださいね。

不用品をリサイクルとして回収する事

業者が不用品を排出している人から費用を受けとるお目当てでは使途に応じて許可を得なくてはなりません。

不用品としての費用のケース、「一般除去する物入手運搬許可」を得なくてはなりませんし、不用品回収費用または不用品運送費用としてお金を請求するケースは「運送業許可」を得なくてはなりませんし、リサイクル等で再販するケースは「古物商」の許可を得なければなりません。

よく町中をトラックにスピーカーを付けて不用品回収して回っていますよね。

それや楽屋も依頼されれば不用品回収をしてくれるとおもうのですが、こうした業者は先程挙げた許可を取らないでやっている事もある様ですのです。

許可が有れば回収した不用品を許可通りに処分する事が出来ますが、許可が無いのであるのなら道路や山に不法投棄したり、分解出来るものは分解して一般ゴミに出したり、廃棄物処分場に持ち込んで処分したりしている様ですが許可が無いとこれらは全て不法という事になります。

不用品回収と不法に対しては色々あり、不用品回収業者が処分場に依頼者の名前を使用して持ち込む事、一般にゴミにする物の処分を手伝ったり運んだりするのを許可を取っていない業者が代価を伴って手伝う事は全て不法行為という事になります。

こうした不法行為が発覚した際、業者ではなく依頼者が罰金を取られる見込みが高いですので、不用品回収は必ず許可を獲得している業者に頼む様にしましょう。

そして依頼者が廃棄という形で廃棄料を支払ったのにも関わらず業者がリサイクルしていたとしたら業者の不法行為になります。

当然決めたら獲得していたら違法ではありませんのでその辺の認識も持ち合わせた上で不用品回収をしてもらう様にしましょう。

不用品回収にはどんなやり方が有るのでしょうか2

【処分場に持ち込んで回収してもらう】不用品回収では業者に依頼する際、大きなの物を処分してもらおうとしたケースかなり処分代が割高になる傾向に有るやうです。

しかしながら処分場に自分自身で持ち込んだケース、重量で処分代が決められるやうですので大きな物でも軽い物であるのなら処分場に持っていった方がお安く上げられる事があるやうです

但し家電リサイクル法対象の家電や、リスク物と言った物は取り扱っていませんのでこれは専門の不用品回収業者に依頼した方が良いでしょう。

車等に持ちこめるような有り様であるならば、結構業者を頼むより持ちこんだ方が早急に済みますし、格安で処分してもらえますので処分方式としてお奨めですよ。

但し大抵は住民票が置いてあるエリアでしか受け付けてくれないとおもいますので、持ちこむ前に確かめておく必要が有ります。

【リサイクルストアーに依頼、または不用品回収業者に依頼する】依然として使える物があるならば、処分代をかけてまでゴミにする必要はないとおもいます。

全部が全部引き取ってくれる訳では有りませんが、リサイクルストアーにその不用品を売る事を検討して見ては如何でしょうか

結構お安く買い叩かれるかも知れませんが、不用品の処分が出来てお金を払わずに済むのならば一石二鳥ではないでしゅか。

結構引っ越し等で不用品が大量に出たケースに楽です。

どうしても引き取ってくれなくて処分に困った不用品が出たならばオークションに出すとか不用品回収業者に依頼して処分したケースいう方式も有りますよ。

不用品回収とは何を回収してくれるのでしょうか

ニッポン国内にはいっぱいの不用品回収業者が有ります。

家の中を見渡して要らない物って結構有るとおもうのです。

でもどう処分したら良いのか分からない、不用品回収業者に頼むとしても何を回収してくれるのか分からないという方は結構沢山とおもいます。

そこで不用品として回収対象になる物ってどんな物ですのでしょうか。

ちょっと考えてみたいとおもいます。

回収対象となる不用品は扱う業者によって異なるとおもいますが、本質的には依頼主が不用だとおもう品物全てが不用品回収になるとおもいます。

しかしながら注射器等、医療機関から出てきた物、放射性廃棄物の様な物等、「廃棄物処分法」に定められているものに対しては産業廃棄物収集運搬業の許可、産業廃棄物処分業の許可を獲得していないと処分は当然回収も出来ませんので専門の不用品回収業者に依頼する必要が有ります

そうした専門のもの以外で世間一般的に不用品回収出来る物を挙げてみたいとおもいます

先ずはエアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機の家電リサイクル法の対象となっている4つに関連しては自治体指定の業者、または家電小売ストアーにリサイクル料金を支払ってリサイクルしてもらう必要がありますので、むやみに不用品回収には出せませんし回収も専門業者じゃないと回収してくれません。

通例に不用品回収してくれるのはそれ以外の家電家具や寝具、自転車やオートバイ等の乗り物、パーソナルコンピュータ類、ゲーム類、オフィス用品等、殆んど引き取ってもらえる対象なってはないかとおもいます。

連絡した不用品回収業者によって対象になる物がちがいますので、あらかじめ確かめた上で呼ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました